スタッフブログ

大人気ホンダ「フリード」!!未使用車・新古車、中古車など多くの在庫がございます。大阪府で大人気コンパクトミニバン「フリード」を買うならリバティで!!

2022.11.1 libertynet

みなさん、こんにちは!!

リバティ広報部(仮)です。

本日はホンダの大人気コンパクトミニバン「フリードのご紹介です!!

コンパクトミニバンとして人気なフリードはどんな車?


フリードはコンパクトミニバンとして、登場から常に高い人気を維持し続けている人気車です。

現行フリードは2代目ですが、2代目フリードが登場した2016年から常に安定して人気を誇っているのが特徴の一つです。
コンパクトミニバンという名前の通り、コンパクトカーでありながら、3列シートで、6,7人ほど乗れることも特徴の一つです!!

フリードは“ミニバン”とジャンルの名前についていますが、5ナンバーサイズに分類されるお車です。5ナンバーサイズは主にコンパクトカーのサイズです。
コンパクトカーのサイズであるものの、室内空間はコンパクトカーにしてはかなり広くなっています🚙

 

そんなフリードの名前の由来ですが英語の“Freedom”(自由)から作られた造語となっています。
フリードはローマ字表記ではFRREDとなっています。
従来の常識などにとらわれるのではなく、どこまでも自由な発想を追い求めた車として作られています♪

また語呂としては、“free”+“do”として作られており、自由な行動をするという意味も込められているようです🚙

 

フリードのライバル車は、トヨタ「シエンタです。
同じコンパクトミニバンに分類されるお車であるシエンタは、フリードと常に人気を争っているお車です!!

コンパクトミニバンでは、フリードとシエンタが圧倒的な人気を誇っています。
その他のお車では日産「セレナもグレードによっては5ナンバーに含まれるボディサイズであるため、コンパクトミニバンでもあると言えます!!

セレナはフリードの明確なライバルとは言えませんが、実際購入の際、セレナもフリード、シエンタと共に検討するお車に入ることも多いことから、一緒に比較していきます!

フリードが人気になっている理由、長所ってどんなところ?


常に高い人気を誇っているフリードはどういった理由で人気になっているのかを、ご紹介していきます!!

コンパクトカーでありながら、かなり広い室内空間

7人まで乗車可能でありながら、低燃費

多様なシートアレンジ

先進機能が充実している

環境に優しい

コンパクトカーでありながら、かなり広い室内空間

フリードはコンパクトカーに分類されるものの、3列シートが可能なほど室内空間が広くなっています。

実際の室内空間の広さを体感しやすくするために、ライバル車のシエンタコンパクトカーのヤリスと同じ5ナンバーに分類されるセレナと比較します。

      ヤリス    :     フリード   :   シエンタ    :   セレナ

 室内長  1,845mm :  3,045mm :  2,535mm   : 3,060mm
 室内幅  1,430mm :  1,455mm :  1,470 mm  : 1,480mm
 室内高  1,190mm :  1,285mm :  1,280 mm  : 1,340mm

この数値を見ると、3列シートであることもあり、ヤリスよりは大幅に大きくなっています。
さらに、室内長はシエンタより大幅に大きくなっており、余裕をもって乗ることが出来ます!!

ですが、セレナと比較をすると、少し狭くなってしまっています。
5ナンバーであるための基準にぎりぎりであるセレナと比較した場合、そもそものボディサイズに差が出てきてしまうため、全体的に、室内空間がセレナと比較をすると狭くなってしまっています。

そのため、次はボディサイズの比較を行います。

     ヤリス    :     フリード   :   シエンタ    :     セレナ

 全長  3,940mm :  4,265mm :  4,235mm   :   4,685mm
 全幅  1,695mm :  1,695mm :  1,695mm   :   1,695mm
 全高  1,500mm :  1,710mm :  1,675mm   :   1,865mm

このようなサイズになっています。

5ナンバーのボディサイズにおける基準は以下の数字です。
全長:4,700mm以下
全幅:1700mm以下
全高:2000mm以下

そのため、セレナが5ナンバーにぎりぎりであることが良くわかると思います。
3ナンバーと5ナンバーの両方があるので、ある意味当然である気もしますが…

ボディサイズと室内空間の両方を、フリードとそれぞれのお車と比較してみます。

ヤリス

      全(長/幅/高)     :  室内(長/幅/高)

差      325 / 0 / 210      :   1200 / 25 / 95

ヤリスの場合は、ボディサイズも大幅に大きいものの、それ以上に室内空間の大きさが目立っています。

シエンタ

      全(長/幅/高)     :    室内(長/幅/高)

差      30 / 0 / 65      :     510 / -15 / 5

シエンタの場合は、ボディサイズは少しフリードの方が大きくなっています。
全幅は差がありませんでしたが、室内幅はシエンタの方が大きくなっていました。
また全高の差の割には室内高には差がありません。
それに対して、全長は30mmの差しかないものの、室内長は510mmもの差があることから、フリードの方が縦に広事が分かります♪

セレナ

      全(長/幅/高)   :    室内(長/幅/高)

差      -420 / 0 / -155     :    -15 / -25 / -55

セレナの場合は、ボディサイズはセレナの方が大幅に大きくなっています。
ですが、ボディサイズの割に、室内空間の広さはそこまで差がありません。
そのため、フリードがボディサイズに対して、室内空間が大きくとられている事が分かります。
ですが、全幅はセレナと変わらなかったものの、室内幅はセレナより狭くなっています。

こういった事から、フリードは3列シートであるため、ある程度のボディサイズが確保されているものの、ボディサイズと比較した場合、非常に室内空間の割合が大きくなっており、快適なドライブができると言えそうです♪

ですが、室内幅はそこまで広いとは言い難く、体格の良い成人が乗った場合少し狭く感じてしまうかもしれません。

7人まで乗車可能でありながら、低燃費

フリードは最大7人乗りまで可能ですが、7人乗りまで可能であるお車と比較した場合、かなり燃費が良い部類になります。

その数値を比較してみます。

燃費(JC08モード)  ガソリン車 : ハイブリッド車

   フリード    19.0km/L : 28.0km/L

   シエンタ    20.2km/L : 27.2km/L

     セレナ      13.8km/L : 15.2km/L

 

こういった数値になっています。
ライバル車であるシエンタと比較した場合、ガソリン車はシエンタの方が燃費は優れています。ですが、ハイブリッド車の場合は、フリードの方が燃費が優れています!!

セレナは燃費が良い方とは言えませんが、コンパクトミニバンに分類されるお車でも、セレナほどの燃費のお車もあることから、フリードの燃費がいかに優れているかが分かると思います♪

多様なシートアレンジ

シートアレンジが多彩であることも、フリードが人気であることの理由の1つです!!
様々な場面に合わせたシートアレンジが可能となっており、荷物を多く積みたい場合や、車内で休息したい場合など、多くの場面に合わせたシートアレンジが可能になっています!

3列目のシートは画像の通り、左右にはね上げることが可能であるため、多くの荷物を積み込むことが可能となっています♪

さらには、車内で休息したい場合や、車中泊をする場合にはフルフラットにする方が多いと思いますが、フリードはフルフラットも2種類のフルフラットにすることが可能になります!

こういった形で多様なシートアレンジを行えることが、フリードの強みの一つになります!!

先進機能が充実している

先進機能が充実しているのも、フリードの強みの一つになります。

先進機能はHonda SENSINGがベースグレードから搭載されております。
その中では、長距離運転の際に重宝する「アダプティブクルーズコントロール」が搭載されており、走行時に設定した車間距離、車速を維持しながら先行車に追従走行してくれるシステムになります!!

ライバル車であるシエンタと比較した場合も、フリードの先進機能は充実していると言えます。
その理由の1つ目として、シエンタの先進機能であるトヨタセーフティセンスはすべてのグレードに標準装備されておらず、ベースグレードの場合はメーカーオプションによって搭載する必要があります。

そして、2つ目の理由として、フリードのアダプティブクルーズコントロールに相当する機能がシエンタには搭載されていないためです。

 

こういった事から、先進機能はフリードがシエンタに対して、優位に立っていると言えます!!

「Honda SENSING」など人気自動車メーカーの安全機能を比較して、ご紹介しておりますので、是非下記URLよりご覧ください!!


▼人気軽自動車メーカーの安全機能の比較、ご紹介はコチラから!!▼

人気軽自動車メーカーホンダ、スズキ、ダイハツ、日産の安全性能を詳しくご紹介!!

▼人気自動車メーカーの先進安全技術の比較、ご紹介はコチラから!!▼

人気自動車メーカー「トヨタ・マツダ・スバル・三菱」の先進安全技術を徹底解説!!


環境に優しい

環境に優しいお車であることも、フリードが選ばれている理由の1つです。

地球温暖化の問題は深刻視される現代では、お車を選ぶ際も環境に優しいことを決め手にされる方もいます。

そんな中で、フリードは
ハイブリッド車が平成30年排出ガス基準75%低減レベル
ガソリン車が平成30年排出ガス基準50%低減レベル
以上の2つに認定されています。

そのため、環境に対して比較的優しいお車であると言えます!!

人気車フリードの短所、欠点ってどんなところ?


ここまで人気車フリードの人気の理由をご紹介してきましたが、フリードにも短所と言われるところはあります。
そんなフリードの短所と言われる点をご紹介していきます!!

大人が大人数で乗るとパワー不足

ガソリンタンクが小さい

グレードによっては少し高いと感じる値段

3列目シートを畳んだ時に邪魔になる

積載可能荷物が多くない

 

 

 

大人が大人数で乗るとパワー不足

フリードは仕様にもよりますが、最大で7人まで乗車することが可能です。
ですが、7人で乗れば加速時などでパワー不足を感じてしまう事があります。

フリードの重量は1350kg~1520kgとなっており、かなり重めであると言えます!
そんな中で、フリードの排気量は1500ccとなっています。

この排気量はホンダのコンパクトカー「フィット」と同じであることからも、車両重量が重たく、大人数で乗ると加速を行う際は、パワー不足を感じることがあることを、理解いただけたかと思います。

ですが、街乗りで5人以内の乗員の場合は、パワー不足を感じることはほとんどありません、

 

ガソリンタンクが小さい

ガソリンタンクが小さくなっていることもフリードの欠点の1つです。

シエンタのガソリンタンクの容量は36Lであり、これはライバル車であるシエンタの42Lより6Lも少ない数値です。

ガソリンくタントの容量が小さい事が、燃費や走行性能に与える影響はありませんが、給油回数が増加することは煩わしいという方が多いです。
特に長距離移動を行う際は、航続可能距離が短くなってしまうため、何度か給油を行わなければならないという事も起きる可能性があります。

そういった事からも、給油タンクの容量が小さい事はフリードの欠点の1つであると言えます。

 

グレードによっては少し高いと感じる値段

フリードは低価格が売りなお車ではありますが、上級グレードになってくると低価格とは言えなくなってきます。

最も値段が高いのは「フリード HYBRID Modulo X」となっておりますが、この種類の7人乗りの値段は税込みで3,278,000円となっており、ミドルクラスのミニバンの支払総額にも匹敵する値段となってしまします。

上級グレードになれば高くなるのは当然とは言えますが、ここまで高いのであれば、フリードではなく、ステップワゴンなどの1サイズ大きく値段も高いミニバンなどを検討される方もいるようです!

ですが、低価格が売りとなっているだけあって、ベースグレードの税込み新車価格は2,297,900円となっており、先進技術の「Honda SENSING」が搭載されていることを考えると、安い!と感じる方が非常に多いです!!

 

 

3列目シートを畳んだ時に邪魔になる

多彩なシートアレンジはフリードの強みであると述べましたが、3列シートを左右に畳んだ時は少し邪魔になるという欠点があります!

フリードの3列目のシートは左右に跳ね上げる形で畳むことになります。
そのため、3列目の幅は必然的に狭くなってしまうので、荷物を積載する際などに、少し狭さを感じてしまう事があります!!

ライバル車であるシエンタは2列目シートの中に3列目シートを収納することが出来ますので、3列目シートを畳んでも邪魔にはなりません。
そういった事から、ライバル車と比較しても3列目シートを畳んだ際は邪魔になると言えます。

 

積載可能荷物量が多くない

積載可能荷物量が多くないことも欠点の1つです。

3列目までシートを使用している場合、荷物を積載するのにはラゲッジスペースを使用しますが、床下収納がないため、高さのある荷物などは、積載することが困難です。

さらには、3列目シートを畳む際は左右に跳ね上げるという事も言いましたが、跳ね上げて幅が狭くなっていることからも、積載可能荷物量はそこまで多いとは言えません。

結局フリードってどんな車?


フリードは非常に人気なお車で、コンパクトミニバンとして、トップクラスの性能をしているという理由から人気になっていることは多いですが、コンパクトミニバンであるからこそ、感じてしまう欠点などもあります。

トータルで考えると、欠点を大きく上回る長所があるため、現在の人気を維持していると言えます。
ライバル車のトヨタ「シエンタ」と比較をした場合にも、一長一短でどちらにも優れた点はあり、現在に至るまで新車販売台数もほとんど同数でした。

そんなフリードの人気カラーは以下のものになっています。

プラチナホワイトパール(白)
クリスタルブラックパール(黒)
スーパープラチナグレーメタリック(灰)

以上のような人気カラーを含めて、車屋さんがおすすめするボディカラーの選び方もご紹介しておりますので、是非ご覧ください!!


▼車屋さんがおすすめする、ボディカラーの選び方はコチラから!!▼

ボディカラーは大事!?


 

フリードの新車価格(FF)をご紹介していきます!!


フリード G(ガソリン)    : 2,297,900円

フリード Modulo X(ガソリン : 2,972,200円

フリード   HYBRID  G  : 2,655,400円

フリード HYBRID Modulo X : 3,278,000円

※こちらの値段は全て7人乗りで、消費税込みの値段になります!

新古車・未使用車ってどんな車?
フリードの新古車・未使用車はあるの?


リバティではコンパクトカー・ミニバンの未使用車を多数取り扱っておりますが、新古車は取り扱いがないのかな?と思われた方もいらっしゃると思います!

実は、新古車”と“未使用車”は同じ意味です。
元々は“新古車”という単語が用いられましたが、現在では自動車公正競争規約によって新古車という名称を使って販売する事は禁止されているため、自動車販売店では“未使用車”という名称を用いています。

さらにリバティでは、今回ご紹介しているフリードも新古車・未使用車も多数取り揃えております!!

新古車と未使用車の事など詳しくご紹介していますので、是非ご覧ください!!


▼新古車と未使用車の詳しいご紹介はコチラから!!▼

新古車・未使用車のメリット・デメリットまで詳しく解説!!


“新古車・未使用車”は新車同様のお車を安く乗れるというメリットがあります!

届出済未使用車専門店リバティでも、オールメーカーの新古車・未使用車を扱っており、新車・中古車も幅広く取り扱っておりますので、ご興味のある方は、下記のURLよりお問い合わせ、ご来店予約をお願いいたします。


▼お問い合わせはコチラから!!▼

お問い合わせファーム

▼ご来店予約はコチラから!!▼

来店予約ファーム

▼未使用車・新古車の在庫情報はコチラから!!▼

在庫情報「未使用車・新古車」

まとめ


ホンダ“フリード”はコンパクトミニバンでトップ人気と言っても過言ではありません。
リバティでは、そんなフリードの未使用車、中古車を取り扱っています!

さらに、フリード以外のコンパクトカー、ミニバンも多数取り扱っています。
リバティではそんなコンパクトミニバンの普通車・軽自動車共に“未使用車・新古車を含めて多数取り扱っております🚙

軽自動車と普通車の購入時、維持にかかる費用、手間の違いをご紹介していますので、是非ご覧ください!!


▼軽自動車と普通車の費用、手間の違いのご紹介はコチラから!!▼

軽自動車と普通車の費用、手間の違いまで分かりやすく簡単にご紹介!


軽自動車はオールメーカー約3000台揃えております!!
きっとあなたの気に入る車も見つかります♪♪

熱い心を持ったスタッフが誠心誠意ご対応させて頂きます。
是非お近くのリバティにご来店下さいませ!

以下で在庫紹介を行います!

ホンダ フリードG SENSING 6人

初度登録:令和4年 (2022年)
走行距離:3km
ボディカラー:プラチナホワイトパール
在庫店舗:彦根店
保証:あり
修復歴:なし
排気量:1500cc
車両本体価格:199,9万円


▼ホンダ「フリード」在庫情報はコチラから!!▼

在庫情報「フリード」

ホンダ フリードスパイクGジャストセレクション 

初度登録:平成29年 (2017年)
走行距離:32,767km
ボディカラー:モダンスティールメタリック
在庫店舗:京都R171店
保証:あり
修復歴:なし
排気量:1500cc
車両本体価格:99,9万円


▼ホンダ「フリードスパイク」の中古車在庫はコチラから!!▼

在庫情報「フリードスパイク」

ホンダ フリード+ G

初度登録:平成29年 (2017年)
走行距離:30,976km
ボディカラー:ホワイトオーキッドパール
在庫店舗:京都R171店
保証:あり
修復歴:なし
排気量:1500cc
車両本体価格:159,9万円


▼ホンダ「フリード+」の在庫はコチラから!!▼

在庫情報「フリード+」

ホンダ フリードG SENSING 6人

初度登録:令和4年 (2022年)
走行距離:2km
ボディカラー:プレミアムクリスタルオレンジMⅡ
在庫店舗:栗東店
保証:あり
修復歴:なし
排気量:1500cc
車両本体価格:199,9万円


▼人気コンパクトカーの在庫情報はコチラから!!▼

在庫情報「コンパクトカー」



弊社の在庫は届出済未使用車という名称を用いております。

届出済未使用車とは、製造されただけのお車で、一般の方が乗られたり、一般道を走ったりしていないお車となります。
一昔前までは「新古車」という名称が一般的でしたが、自動車公正競争規約により「新古車」という言葉を用いることが禁止されました。
新古車は、新車と混合しご検討されている方に誤解を与えかねない、というのが理由です。
現在は 誰も使用していない 車=未使用 車 ということで、全国の販売店でほぼ統一されています。
認識としては、未使用車=新古車という認識で構いません。

未使用車の中でも、
普通車=登録済未使用車
軽自動車=届出済未使用車
となります。

京都・滋賀・大阪で軽販売台数No.1!!
オールメーカーの届出済未使用車が在庫3000台!!
整備・車検・鈑金・保険・レッカーもすべてお任せ下さい!!
軽自動車を買うならリバティへ♪


【京都】
・京都久御山本店
 〒613-0024 京都府久世郡久御山町森大内333
 TEL:0120-25-3440
・精華店
 〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台1丁目5-2
 TEL:0120-05-3440
・R171店
 〒601-8204 京都府京都市南区久世東土川町185-1
 TEL:0120-79-3440
【滋賀】
・栗東店
 〒520-3042 滋賀県栗東市辻480-2
 TEL:0120-54-3440
・大津店
 〒520-0822 滋賀県大津市秋葉台6-5
 TEL:0120-16-3440
・彦根店
 〒522-0038 滋賀県彦根市西沼波町163-1
 TEL:0120-01-3440
【大阪】
・高槻店
 〒569-0034 大阪府高槻市大塚町5丁目3-3
 TEL:0120-04-3440
・八尾店
 〒581-0023 大阪府八尾市都塚4丁目45-1
 TEL:0120-04-3440

・堺大泉緑地前店
 〒591-8022 大阪府堺市北区金岡町2846-1
 TEL:0120-20-3440

・松原天美店
 〒580-0032 大阪府松原市天美東4丁目303-1
 TEL :0120-28-3440

【三重】
・津店
 〒514-0831 三重県津市本町33-38
 TEL : 0120-38-3440
【神戸】
・神戸店
 〒657-0856
 TEL : 0120-45-2345