スタッフブログ

2024年06月の投稿

軽自動車は5人乗りできる?乗車人数の計算方法や罰則を解説

投稿日 2024.6.30
2024.6.30
libertynet

車に乗り込む笑顔の若い女性
軽自動車は5人乗りができるのかと乗車人数の計算方法、違反時の罰則を解説

軽自動車はコンパクトなボディサイズで取り回しに優れ、日常使いでも便利な車です。乗車定員が4人と定められていますが、5人乗りは認められているのでしょうか。

この記事では、軽自動車に5人乗りできる条件やリスク、乗車定員を超えたときの罰則、室内空間の広さが魅力の軽自動車を紹介します。最後まで読むことで、車選びの参考になる情報も得られるでしょう。

目次はコチラ

軽自動車の5人乗りは原則禁止

車に乗る笑顔の4人家族
軽自動車で5人乗りができない理由と例外のパターンを紹介

近年、乗用車のように広い室内空間の軽自動車が増えていますが、軽自動車規格である以上5人乗りはできません。原則4人乗りとされている軽自動車でも、5人乗車が可能なケースもあります。ここでは、5人乗りできる場合の具体的な事例をチェックしましょう。

軽自動車の乗車定員は4人まで

軽自動車は、ボディサイズの他に、乗車定員が4人以下と規格されています。具体的には運転席と助手席に各1人、リアシートに2人です。

近年、室内空間の広い軽自動車が増えていますが、どれも乗車定員は4人と定められています。「広いからより多く乗れるのでは」と思う方もいるでしょう。5人乗りなど乗車定員を超えた状態で走行すると、道路交通法違反となるため注意が必要です。

子どもの乗車時は例外がある

12歳未満の子どもを乗せる場合は、乗車人数の数え方が異なります。12歳未満の子ども1.5人は、大人1人です。切りの良い数字であれば、子ども3人は大人2人に相当します。

12歳未満の子どもを何人乗せられるかの計算方法は「(乗車定員-大人の人数)×1.5」です。例えば、ドライバー以外が全て12歳未満の子どもであれば、4.5人と計算できます。端数は切り捨てるため、子どもは4人乗車可能です。

ペットは乗車人数に含まれない

イヌ・ネコなどのペットを飼っている方にとって、ペットは家族の一員と考える方も多いでしょう。ペットを車に乗せる際、人と同じようなスペースを要する場合もありますが、乗車人数にはカウントしません。

乗車人数にはカウントしないものの、車に乗せるときにはケージに入れるなど、運転操作をさまたげないような対策が必要です。

軽自動車に5人乗りするときに考えられるリスク

チャイルドシートに座りシートベルトを装着する子ども
軽自動車に5人乗りした場合のリスクを考えてみよう

12歳未満の子どもを乗せる場合は、例外として5人乗りも可能ですが、4人乗車時とは異なるリスクがあることを覚えておきましょう。子どもを乗せるといっても、4人乗車時よりも車両総重量が増します。たった1人増えるだけでも、危険度は大きく異なるため、しっかりとリスクを把握することが大切です。

安全器具が装着できない

軽自動車は乗車定員が4人であることから、5人目のシートベルトは設置されていません。5人目を乗せる場合、シートベルト未装着状態となり危険です。

万が一事故を起こすと、シートベルト未装着者は体を強く打ち付けるだけでなく、車外へ吹き飛ばされる恐れがあります。例えば、60km/hで壁などに衝突した場合の衝撃は、14階のビルから落下したときの衝撃と同等です。軽いけがではなく、命に関わることを覚えておきましょう。

車両の総重量が重くなる

車は車両総重量が重くなるほど「曲がりきれない」「止まりにくい」「バランスが悪くなる」といったことを実感しやすくなります。乗車定員を超えて人を乗せると、その分車両総重量が重くなり、大変危険です。曲がりきれなければカーブの外側へと車が飛び出し、止まりきれなければ車・歩行者などへの衝突が避けられません。

12歳未満の子どもの例外を用いた場合、大人に比べて子どものほうが体重は軽いものの、車両総重量は増えるため注意が必要です。

軽自動車の5人乗りに罰則はある?

ミニカーのパトカー
軽自動車で5人乗りをした場合の罰則を紹介

原則禁止されている軽自動車の5人乗りですが、もしその状態で公道を走行したらどのような罰則があるのでしょうか。乗車定員に関して想定される罰則は、定員外乗車違反と乗車積載方法違反の2つです。それぞれどのような違反なのか、違反点数・反則金も併せて紹介します。

乗車定員を超えている場合の罰則

乗車定員が4人にもかかわらず、5人乗車した場合には、定員外乗車違反として罰せられます。定員外乗車違反の罰則は、違反点数1点、反則金6,000円です。何人超過していても同じ罰則で、1人でも超過していると認められた場合、罰則の対象となります。

12歳未満の子どもを3人乗せる場合、大人2人と計算でき、運転席と助手席に大人が座っても罰則対象にはなりません。しかし、子どもが1人でも12歳以上となれば定員外乗車違反となるため注意が必要です。

座席に正しく座っていない場合の罰則

荷室に人を乗せるなど、座席ではない場所に人を乗せると乗車積載方法違反として罰せられます。乗車積載方法違反時の罰則は、違反点数1点、反則金6,000円です。乗車定員に満たない場合でも罰則の対象となる上、事故が起きた際の被害も大きくなります。

近年、スーパーハイトワゴンをはじめとした、全高が高く室内空間の広い軽自動車が人気です。スペースがどれだけ広くとも、乗車定員は変わりません。命を守るためにも、正しい位置に座らせましょう。

室内空間が広いおすすめの軽自動車

チャイルドシートに赤ちゃんを座らせる母親
広い室内を持つおすすめの軽自動車を3車種紹介

最大4人まで乗れる軽自動車であっても、車種によって狭さを感じやすいものと感じにくいものがあります。広い室内空間の軽自動車を選ぶ人が多いのではないでしょうか。ここからは、室内空間の広さが魅力の軽自動車を3車種紹介します。車選びの参考にしてください。

スズキ スペーシア

スズキ スペーシア
広い室内が魅力の軽自動車「スズキ スペーシア」の特徴を紹介

スペーシアは、室内空間の広さと利便性の高さから、リビングで過ごすような感覚を味わえる軽自動車です。リアシートにはマルチユースフラップが備えられ、オットマンやレッグサポートとして使うことで、リアシートをワンランク上のくつろぎスペースへと変えられます。シートアレンジも多彩で、フルフラットにすれば車中泊にも活用可能です。

スズキ スペーシアの在庫一覧はこちら!

ダイハツ タント

ダイハツ タント
広い室内が魅力の軽自動車「ダイハツ タント」の特徴を紹介

タントは、ミラクルオープンドアを採用した軽自動車です。前後ドア間に設けられるピラーをドアに内蔵することで、大開口を実現しています。親子が並んで乗車できるほどの大きさのため、人の乗り降りだけでなく荷物もスムーズに積み降ろしできるでしょう。

助手席フルフラット機構、リアシートリクライニングなどシートアレンジも多彩で、車内で小休憩したい方にもおすすめです。

ダイハツ タントの在庫一覧はこちら!

ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOX
広い室内が魅力の軽自動車「ホンダ N-BOX」の特徴を紹介

N-BOXは、登録車を含む新車販売台数1位(2023年度)を獲得するほどの人気が高い軽自動車です。軽自動車トップクラスの広い室内空間を持つだけでなく、ホンダの安全運転支援システム「Honda  SENSING」を標準装備している魅力があります。チップアップ機構付きリアシートの座面をはね上げることで、ベビーカーもそのまま積載が可能です。

ホンダ N-BOXの在庫一覧はこちら!

大人数の乗車にも対応できるおすすめの普通車

車の前に立つ笑顔の2世帯家族
5人乗りできるおすすめの普通車を3車種紹介

室内空間が広い軽自動車でも、使い方によっては狭く感じることもあるでしょう。室内空間のゆとりは、ドライブの快適性を左右します。軽自動車よりもゆとりが欲しいのであれば、5人以上乗れるミニバンがおすすめです。コンパクトミニバンであれば、軽自動車のように取り回しが良く、日常使いでも利便性を味わえるでしょう。

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ
5人乗りできるおすすめの普通車「トヨタ シエンタ」の特徴を紹介

シエンタは、5人乗りと7人乗りから選べるトヨタの最小ミニバンです。コンパクトなボディサイズではありますが、前後席間距離にゆとりを設けることで、足元には買い物かごを置けるほどのスペースが確保されています。シートアレンジが多彩なことから、普段使いだけでなく、ロングドライブ中の車中泊としても便利な車です。

トヨタ シエンタの在庫一覧はこちら!

ホンダ フリード

ホンダ フリード
5人乗りできるおすすめの普通車「ホンダ フリード」の特徴を紹介

フリードは、5人~7人乗りをラインアップするコンパクトミニバンです。7人乗りモデルでも5ナンバーサイズのため、取り回しやすさを重視したい方にも適しています。低床設計で荷物も楽に積み降ろしできる他、子どももスムーズに乗り降りできる点が魅力です。

5人乗りモデルは、ユーティリティーボードによって荷室が上下に分割され、荷室スペースを有効活用できます。

ホンダ フリードの在庫一覧はこちら!

日産 セレナ

日産 セレナ
5人乗りできるおすすめの普通車「日産 セレナ」の特徴を紹介

セレナは、7人~8人乗車可能なミニバンです。ミニバンではトップクラスの広い室内空間を持ち、どの席に座ってもゆったりと座れるよう設計されています。セカンドシートのロングスライド機構を使うと、大人が足を伸ばせるほどの広いスペースを確保できるだけでなく、子どもの着替えスペースとしての活用も可能です。

日産 セレナの在庫一覧はこちら!

5人乗りができる車探しはリバティにお任せ!

リバティ大津店の車両展示場
リバティなら軽自動車も普通車も選べる

車探しをする際は、ぜひリバティをご利用ください。リバティは、関西地方と四国地方で店舗を展開する自動車の大型専門店です。オールメーカーを取り扱っているだけでなく、軽自動車やミニバン、SUVなどさまざまなボディタイプを販売しています。

軽自動車からミニバンまで豊富なラインアップ

リバティは、1店舗で月300台の車を販売しています。1か月でこれほどの台数を販売できるのは、商品のラインアップが豊富なためです。取り扱う車は軽自動車だけでなく、ミニバン・SUVなどもあり、グループ全体の在庫数は5,000台に上ります。

他の販売店を圧倒する在庫数があることから、好みのグレードやボディカラー、内装デザインなど細かな条件があってもマッチする車を発見可能です。

大型販売店ならではのこだわり価格

リバティは車種だけでなく、車両価格にも自信があります。大型販売店であることを生かし、車を大量仕入れし、大量販売する薄利多売方式を採用しているのが特徴です。他の販売店よりも利益は少なくなりますが、お客さまに満足していただけるよう安く販売しています。

新車や一般的な中古車だけでなく、登録(届出)済未使用車の購入も可能です。登録(届出)済未使用車は、初度登録(届出)を済ませただけの車で、一般ユーザーには使われていません。新車に近い品質でありながら、お得に乗れるのが大きな魅力です。

まとめ

ドライブを楽しむ4人家族
12歳未満の子どもは人数計算に例外はあるものの、軽自動車は原則5人乗りができない

近年、室内空間の広い軽自動車も増えていますが、いずれも乗車定員は4人であることから5人乗車はできません。12歳未満の子どもは3人で大人2人分に計算されるといった例外もあり、この場合は軽自動車でも乗車が可能です。

軽自動車では手狭に感じることもあるでしょう。5人乗りできる車を探すのであれば、リバティへお任せください。リバティは、大人数の乗車が可能な車を豊富に取りそろえています。登録(届出)済未使用車も取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。

車の買い替え時期は走行距離だけで決まる?判断基準と注意点を解説!

投稿日 2024.6.25
2024.6.25
libertynet

ミニカ-2台と見積書、電卓
車の買い替え時期は走行距離だけが基準ではありません

愛車の買い替えを検討するとき、多くの人は走行距離の10万kmを判断基準として考えます。確かに、走行距離は車の消耗度合いを示すひとつの指標ではあります。
しかし、車種や使用環境、メンテナンス状況によっても差が出てくるため、一概に走行距離だけで判断することは難しいのが実情です。

また、近年は電気自動車やハイブリッド車など、新しい技術を搭載した車両も増えており、従来の基準が当てはまらないケースも出てきています。

そこで本記事では、車の買い替え時期の判断基準について、走行距離以外の要素も含めて詳しく解説していきます。
もう少し愛車に乗り方には長く大切に乗るためのポイント、買い替えを検討している方には賢く買い替えるためのコツなども紹介ししています。ぜひ参考にしてください。

目次はコチラ

車の買い替え時期の目安となる走行距離

10万 kmのオドメーター
車の買い替え時期の主な目安は10万 km

車の買い替え時期を考える上で、走行距離は重要な判断基準のです。一般的に、走行距離が10万kmを超えたあたりが買い替えの目安とされていますが、その理由は何でしょうか?
ここでは、走行距離と買い替え時期の関係について、以下の3つの観点から解説します。

走行距離10万kmと車両の部品

走行距離が10万kmを超えると、消耗品や部品の交換時期が近づきます。例えば、タイミングベルトやウォーターポンプ、ブレーキパッドなどの部品です。これらの部品の中には高額になることもあり、買い替えを検討するきっかけになるからです。

また、交換したくてもメーカーが部品の製造が終了している場合があります。部品探しに時間がかかるケースから買い替えを検討する場合もあります。

走行距離10万kmと車両本体

走行距離が長くなるほど、車の各部分に負担がかかり、故障のリスクも高まります。そのため、無理な運転をしていなくても走行距離が10万kmを超えたあたりで、大きな修理が必要になる可能性が高くなるのです。

走行距離が10万kmは修理費用と新車購入費用を比較して、買い替えを検討する人が増えるタイミングだといえます。

走行距離10万kmと買取金額

走行距離が10万kmを超えると、中古車市場での需要が下がり、買取金額が大幅に下がるといわれています。例えば、走行距離5万kmの車と15万kmの車では、同じ車種・年式・ボディカラー・外観でも買取金額に差が出るケースがほとんどです。

これは、走行距離の長い車は消耗品や部品の交換時期が近づいており、購入後にメンテナンスの必要が想定されるためです。そのため、多くの人は、価値が下がる前に売って、買い替えの準備金に当てたいと考えます。

走行距離以外の車の買い替え時期を判断する基準

ハンドルにもたれて考えている女性
走行距離以外にも年数やライフスタイルの変化など車の買い替えタイミングがある

走行距離だけでなく、車の買い替え時期を判断するさまざまな基準があります。初年度登録からの年数や、車検前・決算期前などのタイミング、個人のライフスタイルや予算、車の状態など、総合的に考える必要があるでしょう。
ここでは、走行距離以外の買い替えの判断基準について、具体的に解説していきます。

初年度登録からの年数

車の平均的な買い替え時期は、初年度登録から7年程度とされています。
この理由は、7年を超えると車検や修理にかかる費用が増加し、買い替えた方が経済的に有利になるケースが多いためです。
また車のモデルチェンジが4年程度のサイクルであるケースが多く、2モデル目で買い替えを検討する人の年数でもあります。

ただし、この目安はあくまで平均的な数値であり、個人のライフスタイルや予算、車の状態によって異なります。
例えば、「子供が生まれたから、もう少し大きな車が必要かな」と感じたタイミングで買い替えを検討するのもひとつの選択肢です。

車検前や決算期前などのタイミング

車検前や決算期前など、ディーラーが買い替えを促進するキャンペーンを実施しているタイミングを狙うのもひとつの選択肢です。
例えば、3月や9月の決算期前には、多くのディーラーが在庫処分セールを行っています。
このタイミングで買い替えれば、値引き幅が大きくなり、お得に新しい車を手に入れられる可能性があるでしょう。

また、車検が近づいてきたら、修理費用と新車購入費用を比較検討してみましょう。
年数が経つと修理や交換も増えるため、車検費用も上がる傾向です。
車検に20万円かかるなら、新車への買い替えを検討する方法もあります。

ライフスタイルの変化に合わせたタイミング

家族が増えたり、転勤で引っ越しをしたり、個人のライフスタイルに応じて、買い替え時期を判断することもひとつのタイミングです。
例えば、「そろそろ子供が生まれるから、もう少し大きな車が必要かな」と感じたタイミングで買い替えを検討するのもひとつでしょう。

また、「この車、まだまだ走れそうだし、愛着もあるから、もう少し乗り続けようかな」と大事に載り続けることもできます。大切なのは、自分の生活スタイルや予算、車の状態を総合的に判断することです。

電気自動車やハイブリッド車の買い替え時期の目安

充電中の電気自動車
ハイブリッド車はバッテリーの寿命も買い替えのタイミングになる

電気自動車やハイブリッド車は、従来のガソリン車とは異なる特性を持っており、バッテリーの性能が車両の寿命に大きく影響します。
そのため、バッテリーの劣化状況を定期的にチェックし、自分の使用状況に合わせて買い替え時期を見極めることが大切です。

新技術の進歩により、バッテリーの寿命や走行距離に対する不安が解消されつつあります。自分のライフスタイルや予算に加え、最新の性能や機能が自分のニーズに合っているかどうかを吟味しましょう。

ハイブリッド車の特性と寿命

電気自動車やハイブリッド車は、従来のガソリン車とは異なる特性を持っています。
バッテリーの性能が車両の寿命に大きく影響するため、バッテリーの劣化状況を定期的にチェックすることが重要です。

ハイブリッド車の技術は日々進歩しており、新しい機能や性能を備えたモデルが次々と登場しています。
そのため、従来は5年ほどだったバッテリーの寿命も現在、10年以上はもつといわれています。ただ、ハイブリッド車には別に補機用バッテリーが必要で、こちらは3年スパンで取り替えが推奨されています。

電気自動車の特性と寿命

ハイブリッド車はエンジンとバッテリーの両方のケアがひつようです。ハイブリッド車のバッテリーの寿命は一般的に5~8年、走行距離にして約10万kmが目安とされています。
ただし、メーカーによって保証期間や交換費用が異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

バッテリー交換時期の把握や適切なメンテナンスを行えば、ハイブリッド車の長期使用が可能です。環境性能と経済性を兼ね備えたハイブリッド車は、これからの時代に適した選択肢といえるでしょう。

新技術の進歩と買い替え時期の判断

新技術の進歩は目覚ましく、電気自動車やハイブリッド車の性能は日々向上しています。例えば、1回の充電で500kmも走れる最新モデルも発表になりました。
こうした技術革新により、バッテリーの寿命や走行距離に対する不安が解消されつつあります。

新しい技術を搭載した車両への買い替えを検討する際は、自分のライフスタイルや予算に加え、最新の性能や機能が自分のニーズに合っているかどうかを吟味することも大切です。

適切なメンテナンスと使用方法で車の寿命を延ばす

車の整備をしている整備士
適切なメンテナンスは車の寿命を延ばせる

買い替え時期を延ばし、愛車と末永く付き合いたいと考えている人もいるでしょう。
走行距離だけでなく、適切なメンテナンスと使用方法も車の寿命に大きな影響を与えます。そのためためには、日頃からの心がけが重要です。

ここでは、定期的な点検とメンテナンスの重要性、運転習慣と車の寿命の関係、そして日常的な注意点について解説します。
車の状態を常に把握し、問題を早期に発見・対処することで、大きな故障を未然に防ぎ、寿命を延ばすことができるでしょう。

定期的な点検とメンテナンスの重要性

定期的な点検とメンテナンスは、車の寿命を延ばすために欠かせません。例えば、エンジンオイルやブレーキフルードの交換、タイヤの点検などです。
これらを怠ると、車の性能が低下し、故障のリスクが高まります。

また、エアコンフィルターの交換や、バッテリーの点検なども、快適な運転環境を維持するために重要です。
定期的な点検とメンテナンスを行うことで、車の状態を常に把握し、問題を早期に発見・対処することができるでしょう。結果として、大きな故障を未然に防ぎ、車の寿命を延ばすことが可能になります。

運転習慣と車の寿命の関係

運転習慣も車の寿命に大きな影響を与えます。
急発進や急ブレーキ、不必要なアイドリングなどは、エンジンや部品に負担をかけ、寿命を縮める原因となります。
一方、スムーズな発進や停止、適切な速度での運転は、車への負担を軽減し、寿命を延ばすことにつながります。

また、短距離の運転の繰り返しは、エンジンが十分に温まらず、燃費が悪化したり、エンジン内部に汚れが蓄積したりする可能性があります。
時々は長距離運転を行い、エンジンを十分に温めることも大切です。
自分の運転習慣を見直し、車に優しい運転を心がけることで、愛車の寿命を延ばしましょう。

車の寿命を延ばすための日常的な注意点

車の寿命を延ばすためには、日常的な注意点にも目を向けることが大切です。
例えば、車内の清掃や整理整頓を心がけることで、車内環境を快適に保ち、部品の劣化を防ぐことができます。

また、車を長期間使用しない場合は、バッテリーを外しておく対策が必要です。
駐車する際は、直射日光や雨風を避けられる場所を選ぶことも重要です。
さらに、燃料は常に一定量以上入れておくようにし、燃料系統のトラブルを防ぎましょう。

このような小さな習慣の積み重ねが、愛車の寿命を維持することにつながるでしょう。

買い替え時の下取り査定を高くするコツと注意点

車の査定をしている査定士
買い替え時の車の下取り価格を高くするコツ

車の買い替え時期は走行距離だけでなく、さまざまな要因を考慮する必要があります。そして、買い替えを決めたときは、誰もが下取り査定額を高くしたいと考えるでしょう。
ここでは買い替え時の下取りを高くするためのコツと注意点を解説します。

日常の手入れや複数業者への査定依頼、交渉のポイントなど、下取り査定を有利に進めるための情報です。

日常の車の手入れと準備

日常の車の手入れは、買い替え時の下取り査定額に大きく影響します。普段から車内外の清掃を心がけ、小さな傷やへこみは早めに修理しておきましょう。
また、車検証や取扱説明書、整備記録簿などの書類は大切に保管しておくことが重要です。

査定時には、タイヤの溝の残り具合や、ブレーキパッドの残量なども確認されます。日頃から点検を怠らず、消耗品の交換時期を守ることで、査定額のアップにつながるでしょう。

複数の買取業者に査定を依頼

複数の買取業者に査定を依頼し、比較検討することは非常に重要です。業者によって査定額には大きな差が出ることがあるのです。というのも、業者によって得意不得意のジャンルがあることや、在庫の状況によって異なるからです。

複数の業者に査定を依頼することで、自分の車の市場価値を把握し、最も高い査定額を提示してくれる業者を選ぶことができます。
また、査定額に開きがある場合は、その理由を尋ねることで、車の状態や人気の度合いを知る手がかりにもなるでしょう。
手間を惜しまず、複数の業者の査定を受けることが、結果的に最も満足のいく取引につながります。

下取り査定時の注意点と交渉のポイント

下取り査定を受ける際は、担当者の言葉に惑わされないようにしましょう。「この車は人気がないので、この価格が限界です」などと言われても、すぐに納得せず、他の業者の査定結果と比較することが大切です。
また、下取り価格の交渉の際は、修理履歴や事故歴について正直に伝えることが重要です。隠していたことが後で発覚すると、信頼を失うだけでなく、査定額が大幅に下がる可能性もあります。

査定額に納得できない場合は、売却を急がず、時期をずらして再度査定を受けるのも方法です。買い替えを焦らず、納得のいく価格で取引ができるよう、冷静に判断しましょう。

リバティは車の買い替えをしっかりサポート

リバティ津店の展示車
リバティなら買い替えもスムーズにサポート

車の買い替え時期を考えたときに車の売却には、信頼できる中古車買取業者やディーラーとの相談が必要になるでしょう。
車の売却に詳しくない、準備に時間が取れない方は、乗り換えがスムーズにできる「リバティ」へご相談ください。
リバティは、中古車販売も行っているため、他店よりも高額な下取り価格を提供することができます。

買取価格に自信

リバティは車の買取と新車・中古車の販売を行う自動車の大型専門店です。また、中古車の買取に自信を持っています。

他店と比べて高額な下取り価格を提供することができるのは、中古車販売の実績と専門知識が豊富なためです。
お客様の車の状態を丁寧に査定し、最適な買取価格をご提案いたします。大量仕入れ、大量販売が可能な大型店舗の強みを生かし、販売価格も低く設定できます。

豊富な在庫車両

リバティでは、幅広いニーズにお応えできるよう、多種多様な中古車を取り揃えています。お客様のご要望に合わせて、最適な1台をご提案させていただきます。また、定期的なメンテナンスにも力を入れており、安心して長く乗っていただけます。

また、リバティは、お客様の車の買い替えをサポートするためのさまざまな取り組みを行っています。高額な下取り価格、豊富な在庫、そして車検や保険などのアフターサービスなど、リバティならではの魅力が満載です。ぜひ一度、リバティにご相談ください。

まとめ

林の中で車の運転席のドアを開けて立つ女性
車の買い替えは走行距離だけでなくさまざまなタイミングがある

車の買い替え時期は、走行距離だけでなく、初年度登録からの年数、車検時期、ライフスタイルの変化、車種の特性など、さまざまな要素を総合的に判断する必要があります。
走行距離10万kmはあくまで目安のひとつです。電気自動車やハイブリッド車では、バッテリー劣化にも注意が必要になります。

買い替え時の下取り査定を有利に進めるには、日常のメンテナンスと複数業者への査定依頼が重要です。

【フェアのご案内】在庫一掃セール!!

投稿日 2024.6.21
2024.6.21
libertynet

みなさまこんにちはリバティWEB担当です!

6/22(土)~6/25(火)まで在庫一掃セールを開催いたします!

対象店舗は下記の4店舗です!

【四国エリア】
・北久米店
・久米窪田店
・高知高須店

【三重県】
・津店

今回の特典は人気オプションのカーナビプレゼント🎁(工賃別)
※特典の適用には条件がございます。詳細はチラシをチェック!

真夏になると展示場や展示車がかなり暑くなってまいります。
お車のご購入を検討されている方はぜひ少しでも涼しいこの時期に
お車のご見学だけでも足を運んでみてください!🎐

リバティではグループ総在庫約5000台の中からご希望の条件でお車を探すことができます。
私たちに皆様のお気に入りの一台を探すお手伝いをさせてください!

皆様のご来店お待ちしております。

全店舗のチラシはコチラからもご確認いただけます。

車のエンジンがかからない!チェックポイントと対処法を解説

投稿日 2024.6.14
2024.6.14
libertynet

車のエンジンがかからないトラブルは、車を利用する多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか。エンジンがかからない原因は、いくつかのパターンに分類することができます。本記事では、エンジン始動不良の症状に応じた原因の特定方法と対処法について、わかりやすく解説いたします。

また、日常気を付けておきたい車のトラブル予防法にも触れます。最後まで読むことで車のエンジンがかからないときの対応方法や注意点を理解できるでしょう。

目次はコチラ

エンジンがかからないとき基本的なチェックポイント

ブルーのミニカーとチェックリスト、ルーペ
車のエンジンがかからないとき基本のチェックポイントは4つ

エンジンがかからない際は、シフト、ブレーキペダル、ハンドル、燃料の基本的なチェックポイントを確認することが重要です。これらを確実に点検するだけで、トラブルが解決する可能性があります。また、スマートキーの電池切れやバッテリー不足の可能性も考慮します。本記事では、エンジンがかからないときの対処法を解説し、トラブルシューティングに役立つ情報を提供します。

読むことでエンジンがかからないときの対処法が理解できるでしょう。

シフトポジションがPまたはNに入っているか確認

シフトポジションがパーキング(P)またはニュートラル(N)に入っているか確認しましょう。エンジンをかけるには、シフトレバーがPかNの位置にある必要があります。

特に、オートマチック車では、安全のためドライブ(D)やリバース(R)ではエンジンがかからない設定です。シフトレバーの位置を一度確認し、適切な位置に修正してから再度エンジンをかけてみてください。この確認で、トラブルが解決する可能性があります。

ブレーキペダルを踏んでいるか確認

エンジンをかける際には、ブレーキペダルをしっかりと踏んでいるかを確認することが大切です。特に、AT車は安全のためブレーキを踏まないとエンジンがかからないように設計されています。ブレーキペダルの踏み忘れが原因であれば、ブレーキペダルを踏み込むことで、通常はすぐにエンジンがかかるはずです。

もし、それでもエンジンがかからない場合は、他の原因を探る必要があります。

ハンドルロックが解除されているか確認

エンジンがかからない場合、ハンドルロックが解除されているかを確認することが重要です。ハンドルロックがかかっていると、安全のためエンジンの始動ができなくなっています。ハンドルを左右に動かしてみて、スムーズに回転するかを確かめてください。

もし動かない場合は、ハンドルロックを解除する必要があります。解除方法は車種によって異なりますが、通常はキーを差し込んでハンドルを少し動かしながら、キーを回すことで解除できます。

燃料が十分にあるか確認

エンジンがかからない場合、燃料が十分にあるかどうかを確認することが大切です。慌ただしい朝や長距離ドライブの途中で、ガソリンの残量チェックを忘れがちですが、燃料不足はエンジントラブルの原因のひとつです。ロードサービスや自宅近くの車の修理工場などに連絡して燃料補給の救援をお願いしましょう。

常に燃料計を確認し、ガソリンが少ない場合は早めに給油することが大切です。また、燃料ポンプや燃料フィルターに問題があり、燃料が適切に供給されていない可能性もあります。燃料まわりについて専門家に点検を依頼することをおすすめします。

スマートキーの電池が切れていないか確認

スマートキーのボタンを押しても反応がない場合は、電池切れの可能性が考えられます。スマートキーは電池で動作しているため、電池が切れるとドアの開閉やエンジン始動ができなくなります。

すぐに電池が入手できない場合は、スマートキー本体の内部に収納されているメカニカルキーを使ってドアの開閉、エンジンの始動が可能です。

まずは、スマートキーの電池交換の際は、取扱説明書や販売店で型番を確認できます。電池交換で問題が解決しない場合は、スマートキーの故障や車両側の問題が考えられるため、ディーラーや車の取り扱い店舗で相談しましょう。

バッテリーの電力不足を確認

ライトの暗さやスターターの回転不足などの前兆があった場合は、バッテリーの電力不足が原因として考えられます。バッテリーは経年劣化や過放電など電気系統のトラブルにより、十分な電力を供給できなくなることがあります。

端子の腐食やゆるみ、ケーブルの損傷を確認し、問題がなければ、専用の測定器で電圧をチェックします。必要に応じて充電や交換を検討しましょう。

セルモーターが回る場合の原因と対処法

車のボンネットを開けて困っている女性
セルモーターが回るがエンジンがかからないときの原因

セルモーターが回らないときは焦ってしまうかもしれません。しかし、原因を特定し、それに応じた解決策を講じることで、エンジンを再始動できるはずです。ここでは、燃料系統、点火系統、エンジン内部、セルモーターの4つの観点から、車のエンジンがかからない原因と対処法を詳しく解説します。

燃料系統のトラブル(ガス欠、燃料ポンプ、インジェクターなど)

燃料系統のトラブルは、エンジンがかからない原因のひとつです。ガス欠になっていないか、燃料タンクとエンジンをつなぐ配管に漏れや詰まりがないかを確認しましょう。燃料ポンプが燃料を送り出せているか、インジェクターから適切に燃料が噴射されているかも点検が必要です。

こうした燃料系統のトラブルは、車の走行距離が増えるにつれて発生しやすくなります。普段から燃料系統のメンテナンスを欠かさず、小さな不調の兆しがあれば早めに整備工場で点検を受けるようにしましょう。

点火系統のトラブル(スパークプラグ、イグニッションコイルなど)

点火系統の不具合もエンジン始動不良の原因となり得ます。特に、エンジン始動に欠かせない装置であるスパークプラグやイグニッションコイルの問題は注意が必要です。これらの部品が正常に機能しないと、燃料への点火が適切に行われず、エンジンがかからない状況に陥ります。

定期的なスパークプラグの交換とイグニッションコイルの点検を行うことで、トラブルを未然に防ぐことができます。問題が発生した場合は、専門家に相談し、適切な診断と修理を受けるようにしましょう。

エンジン内部の機械的トラブル(バルブ、ピストンなど)

バルブやピストンに不具合があると、エンジン内の圧縮が適切に行われず、始動が困難になるケースがあります。これらのトラブル防止には、定期的なオイル交換とエンジンオイルの選択が重要ですが、トラブルが発生した場合は専門家による診断と修理が必要です。

エンジン内部の機械的な問題は、ユーザー自身で対処するのが難しい部分であるため、専門家に相談することをおすすめします。

セルモーターの故障や寿命によるトラブル

セルモーターは、バッテリーの電力を使ってエンジンを始動させる役割を担っています。セルモーターが摩耗したり故障したりすると、エンジンを始動させるための十分な力が得られず、エンジンがかからなくなります。

セルモーターのトラブルを予防するには、定期的なバッテリーの点検と適切な充電、そしてエンジンオイル交換などの基本的なメンテナンスが重要です。セルモーターの故障が疑われる場合は、専門家による診断と修理が必要となります。

セルモーターが回らない場合の原因と対処法

運転席のキーシリンダー
セルモーターが回らずエンジンがかからないときの原因

セルモーターが回らず、エンジンがかからない状況に直面すると不安になるかもしれません。しかし、冷静に原因を特定し、適切な対処を行えば、問題を解決できる可能性が高いでしょう。

主な原因としては、バッテリーの劣化や故障、スターターモーターの不具合、電気系統の問題、スマートキーの電池切れなどがあげられます。

バッテリーの劣化や故障

バッテリーの劣化や故障は、エンジンがかからない原因のひとつです。使用状況により異なりますが、バッテリーは、通常3年から5年ほどで性能が低下します。バッテリーが弱ると、セルモーターを回すための電力が不足します。

また、端子の腐食やケーブルの接続不良も、電力供給の問題の原因です。こうした場合は、バッテリー交換や端子の清掃が必要となります。定期的にバッテリーを点検し、適切にメンテナンスすることが、トラブルを未然に防ぐ鍵となるでしょう。

スターターモーターの故障

スターターモーターは、バッテリーの力を使ってエンジンを始動させる大切な部品です。長年使っているうちに摩耗や故障が起こり、キーを回してもうまく動かなくなることがあります。スターターモーターの寿命は一般的に10万km以上と言われていますが、酷使すると故障のリスクが高まります。

故障の可能性がある場合は、専門の整備工場で点検・交換するのが賢明です。普段からエンジンをかける際の異音や違和感に気を付けることで、トラブルを防ぐことができるでしょう。

電気系統のトラブル(ヒューズ、配線など)

ヒューズの切れや配線の断線などが起こると、電気部品に正しく電力が届かなくなります。ライトやウインカーが作動しない場合は、まずヒューズボックスを確認し、切れていれば交換します。また、配線のゆるみや腐食、損傷がないかチェックしましょう。

ただし、専門知識がない方が配線を触るのは危険です。問題があれば整備工場に相談することをおすすめします。

スマートキーの電池切れや故障

スマートキーの電池が切れるとドアロックの解除やエンジン始動ができなくなりますが、多くの車種では内蔵されているメカニカルキーを使って手動で対処できます。

電池は消耗が早いので、早めの交換が必要です。また、スマートキーを落としたり水に濡らしたりすると故障の原因となるため、扱いに注意が必要です。故障が疑われる場合は、専門店に相談しましょう。

ユーザーが対応できるトラブル予防法

車の形の木のおもちゃとバッテリーの模型
ユーザーが日常できる車のトラブル予防策

車のエンジンがかからず慌てることがないように、日常から気を付けておきたいことを解説します。バッテリーの点検や充電、定期的なメンテナンスとオイル交換、燃料系統のクリーニング、スマートキーの適切な扱いなど、日頃から行うことでトラブルを未然に防ぐことが可能です。ここでは、ユーザー自身で行えるエンジントラブルの予防法を4つ紹介いたします。

バッテリーの点検と適切な充電・交換

バッテリーの点検と適切な充電・交換は、エンジン始動に大切な要素です。まず、バッテリーの端子に腐食がないか、ケーブルが正しく接続されているか確認しましょう。次に、バッテリーの電圧を測定し、低い場合は充電を試みてください。

経年による消耗があれば、バッテリーの交換が必要かもしれません。定期的な点検と適切な充電・交換で、トラブルを未然に防ぐことができます。ご自身で対処することが難しい場合は、専門家に相談しましょう。

定期的なメンテナンスとオイル交換

定期的なメンテナンスとオイル交換は、エンジントラブルを防ぐために非常に重要です。小まめなメンテナンスが愛車の寿命を延ばし、大きな問題を防ぐことにつながります。

特に、エンジンオイルは、エンジンの潤滑や冷却、清浄化の役割を担っており、劣化や不足はエンジンの動きを悪くする可能性があります。定期的なオイル交換で、オイルの量と質を適切に保ちましょう。信頼できる整備工場に任せることで、安心してカーライフを送ることができます。

燃料系統のクリーニングと燃料添加剤の使用

燃料タンクやインジェクターに溜まった不純物は、燃料の流れを悪くし、エンジンの動きに悪影響を与えます。そのため、定期的な燃料系統のクリーニングと燃料添加剤を使用しましょう。

燃料添加剤は、エンジンの性能を維持・向上させることが可能です。燃料添加剤の選び方に不安を感じる方は、専門知識を持つ整備士に相談しましょう。適切なメンテナンスで、エンジントラブルを予防できます。

スマートキーの電池交換と適切な取り扱い

スマートキーの電池交換は自分でも簡単に行えますが、スマートキーは精密機器のため、乱暴に扱うと故障の原因になります。

水やほこりに注意し、落としたり強い衝撃を与えたりしないようにしましょう。スマートキーの調子が悪い際は、販売店や専門のスタッフに相談しましょう。

専門家に依頼すべき状況と依頼先の選び方

車を整備している整備士
車のエンジンがかからない原因は自分でできる範囲以外は専門家に相談しよう

エンジンが始動しない原因が特定できない、または自身での対処が難しい場合は、専門家への依頼をおすすめいたします。ただし、信頼できる整備工場やディーラーの選定方法がわからない場合があるでしょう。

本章では、専門家への依頼が必要な状況と、適切な依頼先の選び方について解説いたします。また、トラブル発生時に備えたロードサービスについても触れますので参考にしてください。

自分で対処できない場合や原因が特定できない場合

自分で原因が特定できない、あるいは対処が難しい場合は、無理をせずに専門家に依頼しましょう。信頼できる整備工場やディーラーを探し、症状を正確に伝えることが大切です。

「エンジンを回しても反応がありません」「セルモーターは回りますがエンジンがかかりません」など、状況を具体的に説明しましょう。

信頼できる整備工場やディーラーの選び方

信頼できる整備工場やディーラーを選ぶ際は、口コミや評判を参考にしましょう。実際に利用した人の生の声は、店舗の雰囲気や対応の質を知る上で参考になります。

また、整備士の資格や経験、設備の充実度なども重要な判断材料です。整備技術の高さを裏付ける情報があれば、安心して車を任せられるでしょう。さらに、アフターフォローや保証内容も確認しましょう。万が一のサポート体制が整っていると、修理後の不具合も対応してもらえます。

ロードサービスの契約と緊急時の連絡先

JAF(日本自動車連盟)のロードサービスへの加入は、車両トラブル発生時の強い味方となります。最近では自動車保険の特約や車購入時に契約できるサービスもあり、検討しておくと安心です。

深夜や休日のトラブルにも24時間365日対応してくれるサービスがあれば、大きな安心を得ることができるでしょう。契約内容を事前に十分に確認し、料金やサービスの範囲、条件などを把握しておくことも大切です。また、いざというときのために連絡先のメモを車に置いておきましょう。

症状や原因を正確に伝える重要性

車両トラブルの際、症状や原因を正確に伝えることは非常に重要です。「エンジンが始動しない」「セルモーターは作動するが始動しない」といった具体的な状況をわかりやすく整備士に伝える必要があります。整備士に車の症状を適切に伝えることがスムーズな修理のポイントとなるでしょう。

異音や異臭など、五感で感じ取った変化も重要な情報です。専門家の的確なアドバイスを引き出すために、気になる点は漏らさず伝えましょう。小さな異変を放置すれば、さらなる故障につながる恐れがあります。症状を正しく伝え、早期の対処を心がけましょう。

車のメンテナンスはリバティへ

リバティ久御山店の展示車
リバティでは中古車販売だけでなく修理や車検、自動車保険も対応

車のエンジンがかからないときは、バッテリーやセルモーターの故障など、さまざまな原因が考えられますが、素人では的確な判断が難しいものです。そんなときに頼りになるのが、国家資格を持つ整備士です。リバティには国家資格保有の整備士が在籍し、豊富な知識と経験から、トラブルの原因を見極め、最適な対処法を提案いたします。

国家資格整備士が在籍

エンジンがかからないときに自分でできる方法を試してもうまく行かなかった場合は、まず整備士に相談するのが一番の解決策です。整備士は、専門的な知識と技術で的確に原因を特定し、適切な修理ができます。

リバティは、関西地方と四国地方で展開している車の大型専門店です。各メーカーの車を取り扱うリバティグループの総在庫数は、5,000台に上ります。国家資格を持つ整備士が在籍しており、エンジンがかからないなどの車のトラブルに的確に対応することができます。

車検や保険も対応

リバティでは、購入後のケアも万全で、お客様の車検の手続きをしっかりとサポートいたします。車検の時期が近づいてきたら、必要書類の準備から実際の検査まで、丁寧にご案内しますので、お車に詳しくない方も安心してお任せいただけます。

また、自動車保険についても、お客様のライフスタイルに合わせた最適なプランを車のプロがアドバイスさせていただきます。愛車のメンテナンスから、車検・保険の手続きまで、リバティにお任せください。専門知識を有する整備士や車のプロが、お客様の安心と信頼に応えるサービスをご提供いたします。

まとめ

ドライブを楽しむカップル
車をいつも快適に利用するためには日常的な点検が大切

車のエンジンがかからないときのチェックポイントや対処法を解説しました。エンジンがかからないときは、まずシフト、ブレーキペダル、ハンドル、燃料の基本部分を確認することが重要です。それでも解決しない場合はディーラーや整備工場などで相談しましょう。

ユーザーが対応できるトラブル予防法として、ロードアシスタンス特約の活用や定期的なメンテナンスがあげられます。

いざというときの対応方法を理解しつつ、定期的な車の点検を欠かさないようにしましょう。

費の良いミニバンはどれ?サイズ別のおすすめ車種を一挙紹介

投稿日 2024.6.14
2024.6.14
libertynet

道路を走行する白色のミニバン
燃費の良いミニバンをサイズ別にチェックしよう

ミニバンは大人数が乗れて荷物もたくさん積める点から、ファミリー層に人気の車種です。サイズや機能の種類に富んでおり、燃費も車種によって異なります。燃費性能は維持費を左右するため、ミニバンの購入においても重要な要素です。

日常的に車を使用するユーザーは、低燃費な車種を選べば、燃料代による家計負担を減らせます。今回は燃費性能に焦点を絞り込み、低燃費なミニバンの特徴や選び方を解説します。おすすめの車種もサイズごとに紹介しているので、購入車両選びにお役立てください。

目次はコチラ

燃費の良いミニバンを選ぶメリット

MERITの順に並べられた積み木
燃費の良いミニバンに乗る利点は維持費の安さ

自動車における燃費とは、1Lの燃料でいかほど走行できるかを表す数値です。燃費に関連する技術は進化を続けており、新型のモデルになるほど数値が高い傾向にあります。

ハイブリッドカーといった、複数の動力を用いて燃費を向上させる車種も珍しくありません。ミニバンでも燃料消費の効率を高めたモデルが販売されています。低燃費なミニバンには、どのようなメリットがあるのか見てみましょう。

燃料費の節約になる

燃費の良いミニバンは、少ない燃料で長距離を走行できるため、燃料費の節約となります。ガソリン1Lで20km走れるミニバンAと30km走れるミニバンBが、1万km走行した場合の燃料代を比較してみましょう。

ミニバンA82,000円
ミニバンB54,666円

ガソリン代は東京都の平均164円で計算しました。走行時の環境によって差はありますが、計算上では約3万円の違いが出ます。燃費が優れているほど、走行距離が伸びるので、高性能なモデルほど燃料代の差が生まれるでしょう。

税金が安くなることがある

燃費の良いミニバンは、自動車税環境性能割の軽減対象となる場合があります。環境性能割とは、車の購入や譲渡時に課税される制度で、税率は普通車が0%~3%・軽自動車が0%~2%です。

燃費性能が優れているほど、環境に配慮した車両となるため、支払う納付額が少なくなります。そのため、基準を満たした低燃費のミニバンを選ぶことで、税金による負担の軽減が可能です。

燃費の良いミニバンを選ぶデメリット

青空の下に並べられた、さまざまな種類の自動車
燃費の良いミニバンに乗るデメリットは購入や整備にかかる費用の高さ

低燃費の車両は、燃料代や税金において優れていますが、性能が高いために生まれる欠点も存在します。購入時には気付かずに、乗り始めてから後悔するケースも少なくありません。

購入前に「燃費が良い」という特徴の両面を考慮した慎重な検討が必要です。燃費の良いミニバンを選んだ際に、どのようなデメリットがあるかも把握しておきましょう。

車両価格が高い傾向がある

低燃費なミニバンは、燃費性能を向上させる装置や技術が採用されています。その分、従来のモデルよりも製造コストが増えるため、本体価格も高めの設定です。具体例として人気ミニバンの販売価格をいくつか比較してみましょう。

車種(グレード)ガソリンハイブリッド
トヨタ シエンタ (Z 2WD 5人乗り)2,520,000円2,870,000円
トヨタ ノア(S-Z 2WD 7人乗り)3,320,000円3,670,000円
トヨタ アルファード(Z 2WD)5,400,000円6,200,000円
(2024年5月時点の情報です)

両モデルを比べると数十万~数百万の価格差があります。燃費の良いハイブリッド車を選ぶ場合は、初期投資として車両価格が高くなることを覚えておきましょう。

故障時の修理費用も高くなりやすい

一般的に燃費の良いミニバンには、高度な技術や複雑なシステムが採用されています。そのため、故障時の修理費用が数十万を超えるケースも少なくありません。

電気モーターやバッテリーなど、専門知識や特殊な技術が必要な部品は、修理や交換にかかる費用も高額です。リスクを最小限に抑えるためにも、定期的なメンテナンスや適切な運転管理を行いましょう。

【Sサイズ】燃費の良いミニバン3選

シエンタのフロントフェイスのアップ
Sサイズの低燃費なミニバンの紹介

ミニバンの中でもコンパクトで、小回りの利きやすいモデルがSサイズです。小型なので他のサイズに比べて室内は狭いですが、全高を高く設計することにより圧迫感を減らしています。Sサイズの低燃費なミニバンのカタログ燃費をWLTCモードで比較しました。

順位車種カタログ燃費
1位トヨタ シエンタ28.8km/L
2位ホンダ フリード20.9km/L
3位三菱 デリカD:219.6km/L

ランキングの車種をそれぞれ詳しく見てみましょう。

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ Z グリーン
コンパクトなボディに広々とした室内を備えるトヨタ シエンタ

使い勝手の良いシエンタは、ファミリーカーとして評価の高い車種です。グレードの種類が多くハイブリッドモデルの燃費は、ミニバンの中でもトップレベルを誇ります。

乗り降りしやすいスライドドアや、ゆとりのある室内空間も魅力を感じるポイントです。丸みを帯びたフォルムとユニークなフロントは、日常使いに馴染むようデザインされています。

トヨタ シエンタの在庫一覧はこちら!

ホンダ フリード

ホンダ フリード Gブラックスタイル トワイライトミストブラックパール
スタイリッシュな外観と快適な乗り心地が特徴のホンダ フリード

コンパクトミニバンのフリードは、多様なニーズに応えられるよう設計された1台です。低床設計やウォークスルーなど、利便性を考慮した構造のため、日常使いからレジャーシーンまで活躍します。

低燃費なハイブリッドモデルが各グレードに用意されており、需要に合わせた選択が可能です。外観はファミリー層の利用を意識した、シンプルなデザインを採用しています。

ホンダ フリードの在庫一覧はこちら!

三菱 デリカD:2

マイルドハイブリッドを搭載した三菱のデリカ D:2は、エンジンの負担を軽減した走行が可能です。減速時のエネルギー再利用やアイドリングストップにより、燃料消費も抑えています。

搭載されるパワートレインは同じで、グレードによる燃費の差は少ないです。コンパクトサイズながらに広い室内空間を持ち、フラット状態なら2人の大人が並んで寝られます。

三菱 デリカD:2の在庫一覧はこちら!

【Mサイズ】燃費の良いミニバン5選

ノアのフロントフェイスのアップ
Mサイズの低燃費なミニバンの紹介

Mサイズのミニバンは、室内空間と操作性のバランスが取れたモデルです。大きなサイズよりもリーズナブルな価格で利便性が高いため、多くのユーザーから支持されています。Mサイズの低燃費なミニバンは、どのような車種があるのでしょうか。

順位車種カタログ燃費
1位トヨタ ノア23.4km/L
2位トヨタ ヴォクシー23.0km/L
3位日産 セレナ20.6km/L
4位ホンダ ステップワゴン20.0km/L
5位三菱 デリカD:512.6km/L

ランキングの車種から3台をピックアップして詳しく紹介します。

トヨタ ノア

トヨタ ノア ハイブリッドS-Z ホワイトパールクリスタルシャイン
洗練されたデザインと豊富な装備が特徴的なトヨタ ノア

扱いやすく便利なミニバンのノアは、トヨタが販売する人気のファミリーカーです。乗降性を高める低床設計やサイドステップなど、子どもや年配者に配慮した機能を搭載しています。

2種類のモデルを展開しており、ハイブリッドの燃費は同サイズの車種の中でも優れた性能です。余裕のある室内や荷室は、日常のお買い物からキャンプやアウトドアまで幅広く活躍します。

トヨタ ノアの在庫一覧はこちら!

トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー ハイブリッドS-Z アティチュードブラックマイカ
スポーティーなデザインと快適性を追求したミニバン トヨタ ヴォクシー

スタイリッシュな外観のヴォクシーは、ノアの兄弟車にあたるミニバンです。ノア同様に安定した走行性能と優れた燃費性能を兼ね備えており、その品質の高さから人気があります。

広い室内空間や乗り降りしやすい装備はもちろん、柔軟なシートアレンジなど便利な機能も豊富です。安全性を高める最新技術も魅力的で、あらゆる面から運転をサポートします。

トヨタ ヴォクシーの在庫一覧はこちら!

日産 セレナ

日産 セレナ ハイウェイスターV プリズムホワイト3コートパール
家族との外出や日常の移動に最適なミニバンとして人気の日産 セレナ

日産を代表するミニバンのセレナは、発売されてから長年愛され続けるモデルです。電動パワートレイン「e-POWER」を搭載したグレードは低燃費で、最高水準の性能を誇っています。

ミドルサイズながら、同クラスの中でもトップレベルに広い室内空間も魅力的です。上質なインテリアや高ランクの安全性能が、目的地までの移動を手助けします。

日産 セレナの在庫一覧はこちら!

【Lサイズ】燃費の良いミニバン5選

オデッセイのフロントフェイスのアップ
Lサイズの低燃費なミニバンの紹介

Lサイズは最も大型のミニバンで、広くゆとりのある室内空間が魅力です。小型サイズよりも高価格な商品が多いですが、高級感のある内外装で造られています。Lサイズの低燃費なミニバンのカタログ燃費をWLTCモードで比較してみましょう。

順位車種カタログ燃費
1位ホンダ オデッセイ19.9km/L
2位トヨタ アルファード17.7km/L
3位トヨタ ヴェルファイア17.7km/L
4位レクサス LM500h13.8km/L
5位日産 エルグランド10.0km/L

ランキングの車種から厳選した3台を詳しく紹介します。

ホンダ オデッセイ

ハイブリッドシステムを搭載するオデッセイは、ホンダの低燃費な大型ミニバンです。3つのモードを切り替えた走行ができ、状況に合わせて燃料を効率良く消費します。

内外装ともに高級感のあるデザインで、広い室内は使用シーンに適した調整が可能です。低床設計で重量感のある外装は、乗り降りをスムーズにするだけでなく、走行時の安定性も高めます。

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード 2.5S Cパッケージ ホワイトパールクリスタルシャイン
洗練されたデザインと高級感あふれる内装が魅力的なトヨタ アルファード

トヨタのアルファードは、その高級感あふれるデザインから人気を集めています。大型サイズのボディは重厚感あるスタイルで、特に迫力満点のフロントフェイスが印象的です。

インテリアには随所にラグジュアリー感を演出する工夫が施されています。環境にも配慮した走行性能は、低燃費かつパワフルで快適な走りを、ハイブリッドシステムが実現しました。

トヨタ アルファードの在庫一覧はこちら!

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア 2.5Z Aエディション ブラック
上質なインテリアと豊富な装備や高い走行性能を兼ね備えたトヨタ ヴェルファイア

トヨタが販売するヴェルファイアは、アルファードの兄弟車種として人気のミニバンです。類似箇所は多いですが、二段構造のヘッドランプやメッキ仕様のフロントなど、一味違うデザインが採用されています。

加速力の強いエンジンにより、大きな車体でも一体感のあるスムーズな走行が可能です。ハイブリッドシステムは同じタイプを搭載しているため、燃費性能に大きな差はありません。

トヨタ ヴェルファイアの在庫一覧はこちら!

燃費の良さ以外も比較してミニバンを選ぼう

両手の手のひらに置かれている2種類の車のおもちゃ
ミニバン選びで燃費の良さ以外に比較するポイント

ミニバンはサイズをはじめ、ニーズに沿った多種多様なタイプが販売されています。家族や荷物を安全かつ快適に運ぶには、燃費以外の要素も考慮した判断が必要です。

購入予算や乗車人数など、求めている条件が当てはまるほど、満足度の高い買い物ができます。どのような項目を燃費と併せて比較すべきか、ミニバンを選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

予算や目的を考慮する

ミニバンの購入を検討する際は、いくら購入費用に充てられるか予算を決めましょう。自分が入手できる範囲を把握すれば、効率良く選択肢を絞り込めます。本体価格はもちろん、税金や保険料などの諸費用も目安に含めたほうがより現実的です。

次に購入目的を明確にして、具体的な使用シーンをイメージします。何人乗せてどこへ向かうのか、どのような使い方をするのか、考えてみましょう。必要となる機能や性能の選別も容易になり、ライフスタイルに適したミニバンを選択できます。

機能や性能をチェックする

購入するミニバンの機能や性能は、使い勝手や乗り心地を左右する要素です。パワフルなエンジンや運転支援システムは、運転や操作で生じるささいなストレスを軽減します。事故の防止や万が一の発生時に備えるための安全装備も重要です。

レジャーシーンでの利用が多い場合は、大きな荷物に対応できる荷室や防汚仕様のシートなどが役立ちます。スライドドアや乗降ステップなど、子どもや高齢者に配慮した機能も便利です。利用者のニーズに合った機能や性能を備えたミニバンを選択しましょう。

迷ったときは人気モデルという選択肢もある

購入するミニバンのモデルに迷った場合、人気タイプの中から探してみるのも良いでしょう。多くのユーザーに支持される人気車種は、信頼性や満足度が高い傾向にあります。また、人気モデルは中古市場でも需要があり、リセールバリューの期待値が高まるでしょう。

売却時の価格が安定しているため、用途の異なる車へ乗り換える際の費用に充当できます。初めての車選びや安心して長く乗り続けたい方にとって、ミニバンの人気モデルは魅力的な選択肢です。

燃費の良いミニバンを探すならリバティ

リバティ北久米店の車両展示場
リバティなら燃費の良いミニバンを豊富な在庫から探せる

人気の高いミニバンは数が多く、希望のグレードやモデルが見つからないことも多いでしょう。効率良く低燃費のミニバンを探したい方は、自動車販売店のリバティへご相談ください。

リバティでは豊富な在庫とラインアップから、専門知識を有したスタッフが車探しをお手伝いします。ここでは店舗の魅力を紹介するので、車選びや購入先で悩んでいる方は参考にしてください。

豊富な在庫から予算に合わせて選べる

品質や価格が納得できる商品を見つけるには、比較できる車両の選択肢が豊富な店舗を利用すると良いでしょう。関西と四国に18店舗を展開するリバティでは、グループ店舗の総在庫数として約5,000台もの在庫を用意しています。

全メーカー・車種を扱っているため、豊富なラインアップから燃費の良いミニバンの選定が可能です。ミニバンだけでなく、軽自動車やSUVなど人気車種とも比較できます。車選びで不安なことがあれば、店舗スタッフへお気軽にご相談ください。

登録(届出)済未使用車も多数ご用意

リバティには新車に比べて納車までのスピードが速い、登録(届出)済未使用車の取り扱いがあります。初度登録(届出)を済ませた中古車ですが、新車に近い状態で価格も安いため人気の高い商品です。

リバティでは、初年度登録から1年未満かつ、走行距離100km未満の基準をクリアした車両を提供しています。公式サイトの特集ページで在庫の確認も可能です。メーカーやボディタイプなど、条件を絞る項目が複数あるので、ぜひ欲しい車を探してみてください。

まとめ

道路を走行する灰色のミニバン
ミニバンを選ぶときは燃費の良さや使い勝手を確認しよう

低燃費のミニバンは、燃料代や税金など車両にかかる支出を減らせます。ただし、本体価格や修理代が高い傾向にあるため、初期費用や修理する際はある程度の出費が必要です。車種を選ぶ際は燃費だけでなく、無理のない予算や目的に沿った機能も考慮しましょう。

ミニバンの購入を検討中の方は、大型自動車販売店リバティへご相談ください。車選びからアフターフォローまで、専門スタッフがユーザーの悩みに寄り添ったサポートを行っています。

夏直前!在庫一掃セール!!

投稿日 2024.6.14
2024.6.14
libertynet

6/15(土)から開催予定のフェアのご案内です!

今回は「在庫一掃セール!」です!
開催店舗は下記店舗です!

四国エリア
・北久米店
・高知高須店

特典は人気オプションのカーナビです!
詳細はチラシをご覧ください!
全店舗のチラシは下記URLよりご確認いただけます!
https://www.libertynet.jp/chirashi/

グループ総在庫5000台の中からあなたのお気に入りの一台を見つけるお手伝いをさせてください!

下記URLから来店ご予約よろしくお願いいたします。
https://www.libertynet.jp/reserve/

皆様のご来店お待ちしております!

車買取におけるタイヤの査定ポイントを解説!スタッドレス装着時も査定可能?

投稿日 2024.6.10
2024.6.10
libertynet

車の査定を行う査定士
車の買取にはタイヤも影響します

車を買い替える際、少しでも高く下取りに出したいと考える人が多いでしょう。車の買取でタイヤの状態も査定額に影響します。そこで今回は、車の買取時に知っておきたいタイヤやその周辺部品の査定ポイントについて詳しく解説します。タイヤの種類や状態によって査定額はどう変わるのか、タイヤを別で売却する場合の注意点について触れています。車の買い替え時の参考にしてください。

目次はコチラ

車の買取でスタッドレスタイヤ装着は?

雪の上のスタッドレスタイヤ
買取にはスタッドレスタイヤ装着でも可能

車の買取時には、タイヤの状態が査定額に影響を与えるポイントの一つとなります。特にスタッドレスタイヤを装着したまま下取りに出す場合、どのような点に注意が必要なのでしょうか。ここでは、スタッドレスタイヤ装着時の査定額への影響や、タイヤの溝の深さ・製造年月の重要性などについて解説します。

スタッドレスタイヤ装着時の査定額への影響は少ない

スタッドレスタイヤを装着したまま車を下取りに出すことは可能です。そして、査定額への影響は少ないといえます。なぜなら、ディーラーや買取業者は、タイヤの溝の深さや製造年月などの状態を重視するからです。

とはいえ、スタッドレスタイヤは需要が限られるため、もし査定に出すのであれば純正のホイールのついた夏タイヤも同時に査定に出すことをおすすめします。

タイヤの溝の深さや製造年月が査定の重要ポイント

タイヤの溝の深さや製造年月は、車の買取査定において重要なポイントとなります。例えば、溝の深さが1.6mm未満の場合、車検に通らないため、査定額は大幅に下がってしまうでしょう。また、製造年月が古いタイヤは、ゴムの劣化が進んでいる可能性が高く、減点対象となります。

逆に、溝が深く、製造年月が新しいタイヤは、査定額アップにつながる可能性があります。タイヤは消耗品ですが、適切なメンテナンスを行い、良い状態を保つことが、車の売却時には重要です。

純正ホイールやスペアタイヤなどの有無も査定額に影響

純正ホイールやスペアタイヤ、車載工具セットの有無も、車の買取査定額に影響します。例えば、純正ホイールがそろっていれば、査定額がアップする可能性が高いでしょう。逆に、純正ホイールが欠品していたり、社外ホイールに交換されていたりすると、査定額は下がる可能性があります。

車の売却を考える際は、タイヤだけでなく、純正ホイールやスペアタイヤ、車載工具セットの有無もチェックしておきましょう。

夏用タイヤも同時査定すると査定アップにつながる

夏用タイヤも一緒に査定に出すことで、買取額がアップする可能性があります。例えば、スタッドレスタイヤを装着したままの車と夏用タイヤを同時に査定に出すことで、トータルの査定額が上がる可能性があります。特に、夏用タイヤの溝が深く、製造年月が新しい場合は、プラス査定になりやすいでしょう。

ただし、タイヤのサイズやブランドによっても査定額は変動します。車の買取を検討する際は、スタッドレスタイヤだけでなく、夏用タイヤの状態もチェックしておくとよいでしょう。

タイヤの種類やブランドによる査定額の違いは?

並べられたタイヤの表面
タイヤはブランドによる買取価格がある

車の買取時には、タイヤの種類や状態が査定額に大きな影響を与えます。ここでは、タイヤの種類による査定額の違い、タイヤのサイズやブランドが与える影響などについて詳しく解説します。車の買取時のタイヤの査定ポイントを押さえておくことで、より高額な査定を得ることができるでしょう。

タイヤの種類による査定額の違い

スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、サマータイヤでは、査定額に違いがあります。一般的に、スタッドレスタイヤの査定額はサマータイヤよりも低くなる傾向にあります。

というのも、スタッドレスタイヤの需要が地域によって限定的であることや、使用期間が短いことが理由です。一方、オールシーズンタイヤは、年間を通して使用できるため、査定額はサマータイヤとスタッドレスタイヤの中間程度になることが多いです。ただし、タイヤのブランドや状態によっても査定額は大きく変動するので、一概には言えません。

タイヤのサイズやブランドが査定額に与える影響

タイヤのサイズやブランドも、査定額に大きな影響を与えます。例えば、「18インチの有名メーカーのタイヤ」と「14インチの知名度の低いメーカーのタイヤ」では、査定額に違いがあるでしょう。また、タイヤのサイズが車種に合っていないと、査定額が下がる可能性もあります。

タイヤ選びは、車の売却時の査定額にも関わる重要なポイントといえるでしょう。

スタッドレスタイヤを別で売却する場合の注意点

タイヤが積まれた倉庫
スタッドレスタイヤを別で売約する場合は注意点がある

車の買取時にスタッドレスタイヤを別で売却する場合、いくつかの注意点があります。需要が高まる時期に売るのがおすすめですが、タイヤの買取専門店や中古タイヤ販売店の情報収集も大切です。また、スタッドレスタイヤの適切な保管方法や手入れ方法を理解しておくことで、買取時の査定額アップにつながる可能性があります。以下では、これらの点について詳しく解説します。

タイヤの需要が高まる時期に売るのがおすすめ

スタッドレスタイヤを別で売却する際は、需要が高まる時期に売るのがおすすめです。冬本番を前にした11月から12月にかけては、スタッドレスタイヤの需要が高まります。

一方、春先の3月から4月にかけては、スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換時期となるため、需要が低下します。タイヤの状態が良ければ、需要期に高値で売却できる可能性が高いでしょう。

タイヤ販売店の情報を収集する

タイヤの買取専門店や中古タイヤ販売店の情報を事前に収集しておくことも大切です。インターネットで検索したり、知人に聞いたりして、タイヤの買取を強化している店舗や評判の良い店舗を探してみましょう。

専門店では、タイヤの状態をしっかりと見極めた上で、適正な価格で買い取ってくれます。また、中古タイヤ販売店に持ち込めば、その場で買取価格を提示してくれるところもあります。複数の店舗で査定を受けることで、より高値で売却できる可能性が高まるでしょう。

スタッドレスタイヤの保管方法や手入れ方法を理解する

スタッドレスタイヤを長持ちさせるには、適切な保管方法と手入れが欠かせません。まず、タイヤを外したら、水で汚れを洗い流し、十分に乾燥させましょう。保管は、直射日光や高温多湿を避け、涼しく乾燥した場所が劣化を防げます。

また、タイヤラックの使用で、重ねて積んだときの変形を防止できます。ひび割れや損傷がないか、こまめに点検しておくことも大切です。正しいメンテナンスで、スタッドレスタイヤを長く使えば、買取時の査定額アップが期待できるでしょう。

タイヤ交換のタイミングと車の売却時期の調整

タイヤ交換のタイミングと車の売却時期の調整は、査定額アップのカギとなります。例えば、スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換時期が近づいている場合、タイヤ交換をしてから売却するのも一つの手。純正のホイールのついた夏タイヤで査定に臨めば査定額アップも期待できるでしょう。ただし、交換したタイヤの劣化が進んでいる場合は高額査定につながらない場合もあるでしょう。

その他の付属品が査定額に与える影響

車載オーディオ
タイヤ以外に車の付属品も車の査定に影響する

車の買取時には、タイヤだけでなく、その他の付属品も査定額に大きな影響を与えます。ここでは、車の付属品にあたるカーナビや純正エアロパーツ、オーディオ機器などの付属品に焦点を当て、それらが査定額にどのように影響するのかを解説します。また、付属品の状態や年式が査定額を左右する要因についても触れ、取り外して別売りするという選択肢のメリットとデメリットについても考えてみましょう。

純正付属品は査定額アップ

カーナビや純正エアロパーツ、純正ホイール、純正オーディオ機器などの付属品は、車の査定額アップに大きく貢献します。特に、純正品のオーディオなどは、買取業者にとって魅力的な存在です。ただし、付属品の傷や汚れが目立つ場合は、査定額への影響は少ないかもしれません。また、社外品の部品を取り付けている場合は純正品を一緒に出すことで買取査定アップにつながる可能性があります。

その他、車のメンテナンスを記録しているメンテナンスブック、車やオーディオ、ナビの取扱説明書もきれいな状態で保管しておくと印象もよいでしょう。

付属品の状態や年式が査定額に与える影響

車の付属品の状態や年式は、査定額に大きな影響を与えるものです。最新モデルのカーナビや高級オーディオ機器などの付属品は、査定額のアップが期待できます。付属品が最新で良好な状態であれば、車の価値を高めることができるでしょう。

一方で、古い型式や故障している付属品は、査定額にマイナスの影響を与える可能性があります。ただし、古い型式の付属品でも、日頃から丁寧に使用されていて、故障部分がなければ査定にプラスになる可能性もあります。

総合的に見ると、付属品の状態と年式が良好であれば、査定額の向上が期待できます。車の付属品も状態を良好に保つことが高額査定につながるでしょう。

付属品の取り外しや別売りの選択肢

付属品を取り外して別売りするのも一つの選択肢ですが、それぞれ扱う業者が異なる場合があり、車と一緒に売却する方が、トータルでの査定額アップにつながるケースが多いです。

例えば、純正のアルミホイールやスペアタイヤ、車載工具セットなどは、車と一緒に売却することで、買取業者に「この車は大切に扱われていた」という印象を与えることができます。そのため、これらの付属品は、可能な限り車とともに売却しましょう。

一方で、純正ではない高価な改造パーツなどは、別売りすることで高額査定が期待できる場合もあります。ただし、取り外しの際は車内装への影響に十分注意が必要です。

付属品は、状態と車の価値を考慮しながら、車と一緒に売却するか別売りするかを判断することが重要です。

車買取ならリバティへ!

リバティ 尼崎店の展示車
車の買取も販売もリバティに相談を

車の買取を検討する際、タイヤの状態は査定額に大きな影響を与えます。スタッドレスタイヤを装着したまま売却することも可能ですが、溝の深さや製造年月などがポイントとなるでしょう。ここからは、中古車買取のプロであるリバティが行っている、お客さまに満足いただける査定の取り組みについてご紹介します。

中古車販売店だから高価買取

リバティは、関西地域を中心に18店舗を展開する中古車販売店です。中古車の高価買取に定評があり、オークション相場に近い価格で車の買い取りが可能です。リバティの強みは、中古車販売店としての豊富な経験と知識です。中古車の適正な価格を見極め、買取額を提示することができます。

また、リバティでは車検やメンテナンス、保険加入など、車に関するサービスも幅広く提供しています。車の売却から次の車選びまで、ワンストップで対応できる点も選ばれる理由です。

豊富な品ぞろえ

中古車販売店のリバティでは、豊富な品ぞろえを誇っています。各地の店舗在庫車総数は5,000台にのぼるため、好みの一台を見つけられるでしょう。軽自動車からミニバン、セダン、スポーツカー、SUVまで、幅広い車種を取りそろえているため、お客さまのニーズに合わせた車選びが可能です。

また、希少車や人気車種、登録済未使用車も取り扱っております。なかなか巡り会えない憧れの一台との出会いがあるかもしれません。

まとめ

タイヤ交換をする女性整備士
タイヤの状態は査定額に影響するため定期的なチェックやメンテナンスをしましょう

車買取の際、タイヤの状態は査定額に大きな影響を与えます。スタッドレスタイヤ装着時のままでも買取査定は可能で、査定に大きく影響はしません。ただし、溝の深さ・製造年月、劣化具合などのチェックポイントがあり、クリアしていないとマイナス査定になる可能性があります。

また、タイヤ以外にも純正ホイールやオーディオ、スペアタイヤ、車載工具セットの有無、なども車買取の査定に影響する部分になるため、そろえておくとよいでしょう。車の価値を最大限に引き出すためにも、売却前にタイヤの状態をしっかり確認しておきましょう。

車に付いた傷の修理費用の相場は?擦り傷からへこみまで状況別に紹介

投稿日 2024.6.10
2024.6.10
libertynet

車に付いた傷を見てショックを受ける女性
車に付いた傷の修理費用の相場を見てみよう

車を運転していると、思いがけない場所やタイミングで車に傷が付いてしまうことがあります。そのようなとき、検討するのが車に付いた傷の修理です。

車に付いた傷を修理しようとしたとき、車の傷を修理する際の相場はいくらなのか、修理箇所によって金額は変わるのか疑問に思う方が多いのではないでしょうか。

この記事では、車に傷が付いたときの部位や症状別の修理費用の相場を解説します。業者ごとの修理費用の目安、費用を抑えるための対策も紹介しますので、最適な選択肢が分かるでしょう。

目次はコチラ

【部位別】車に付いた傷の修理費用の相場

リアバンパーにできた擦り傷
車に付いた傷の修理費用の相場を部位別に紹介

車に付いた傷の修理費用の相場は、傷が付いた部位によって異なります。部位別の修理費用の相場は以下の通りです。

部位修理費用の相場
ボンネットやバンパー周り3万円~10万円前後
ドアやフェンダー周り3万円~70万円以上
ルーフやリア周り2万円~50万円以上

ボンネットやバンパー周り

ボンネットやバンパー周りの修理費用の相場は、ボンネットだと3万円~5万円、バンパーの交換だと10万円前後です。

ボンネットはドライバー自らが傷を付けることは少ないものの、走行中に小石が当たる、いたずらや動物によって傷を付けられることがあります。多くの場合は細かな擦り傷で済むでしょう。

車のフロント部分には、ヘッドライトや運転支援用のコーナーセンサーなどの部品もあります。これらに傷が付いた場合は交換になるケースが多く、軽自動車で5万円~60万円、普通車だと100万円~150万円ほどの修理費用が必要です。

ドアやフェンダー周り

ドアやフェンダー部分といった側面の修理費用の相場は、傷が付いた場所と取り換えるドアの枚数や種類によって異なります。

ドアミラーのみ交換の場合は、3万円~10万円が一般的な相場です。しかし、スライドドアなど複雑な構造のドアは全てのパネルを交換しなくてはならないこともあり、その場合は修理費用が70万円以上かかります。

側面の修理を行う際、傷が付いた部分のドアのみの交換で済むことは少なく、塗装のぼかしを含め広い範囲の修理・交換が必要です。

ドアミラーのカバーに付いた傷の修理には、大抵コンパウンドが用いられます。その場合の修理費用は、2,000円~5,000円と比較的安く済むでしょう。

ルーフやリア周り

ルーフやリア周りの車両下部の修理費用相場は、場所と傷の程度により差があります。

ルーフの修理に関しては、再度塗装はせず傷のみを修復する「デントリペア」であれば1箇所当たり2万円が相場です。一方、ルーフ本体の交換をする場合は、40万円~50万円以上と高額の修理費用となる場合があります。

リア周りは、見た目よりも修理費用が高くなることの多い部分です。リア内部には、コーナーセンサーなどの先進安全運転支援機能に関する装備があります。

これらが損傷した場合、部品の交換とバンパーの脱着が必要となるため、部品代に加えて工賃もかさみます。低床型ハイトワゴンやミニバンは、リアゲートもダメージを受けやすい傾向です。

【症状別】車に付いた傷の修理費用の相場

リアドアにできた大きなへこみ
車に付いた傷の修理費用の相場を症状別に紹介

車に付いた傷の修理費用の相場は、どのくらいの傷かによっても異なります。症状別の修理費用の相場は以下の通りです。

症状修理費用の相場
浅い傷や擦り傷5,000円~5万円
深い傷やへこみ修理2万円~数十万円以上

浅い傷や擦り傷の費用相場

浅い傷や擦り傷の場合、修理費用の相場は5,000円~5万円です。

浅い傷や擦り傷の判断は、修理を依頼する業者の基準によって異なりますが、基本的には「塗装の下地に達しておらず、水をかけると目立たなくなる傷」を指します。

例えば、バンパーに付いたごく浅い傷であれば5,000円程度で修理可能です。しかし、同じ大きさや深さの傷でも、場所がドアやフェンダー周りだとより高額になる傾向にあります。特に、後方のフェンダーは取り外しに手間がかかるため、費用がかさむでしょう。

深い傷やへこみ修理の費用相場

深い傷やへこみ修理の場合、修理費用の相場は2万円~数十万円以上です。

深い傷は「塗装の下地にまで届いている傷」を指します。傷の場所や範囲によりますが、修理代が高額になるケースが大半です。適切に修理せず放置するとさびができ、車を劣化させる原因となります。

傷に加えてへこみがある場合は修理の工程がさらに増えるため、より費用がかさむでしょう。一口に深い傷やへこみといっても、傷の状態や場所によって板金修理で済む場合とパーツの交換が必要な場合があるため、費用相場には開きがあります。

車に付いた傷の修理費用が決まる要素とは?

ミニカーと見積書
車に付いた傷の修理費用を決める3つの要素を紹介

車に付いた傷の修理費用は、さまざまな要素を踏まえて決まります。傷の場所や範囲、程度に加え、塗装の種類によって相場が変わるため、修理費用の相場は千差万別です。

ここでは、修理費用が決まる3つの要素を紹介します。修理に費用はかかるとしても、大まかにでも「高い・安い」が判断できるとその後の予定が立てやすくなるでしょう。

傷の範囲や深さ

傷の範囲が広いと修理の際に手間が増え、薬剤や塗料の材料を多く必要とするため、傷が大きいほど修理費用が高額になるのが一般的です。

車のボディは、表面からクリア層・塗装層・金属層で構成されています。表面のクリア層のみの軽微な傷は修理しやすいため、修理費用は比較的安く済むでしょう。しかし、傷の範囲が広い場合や範囲は小さくても金属層に達する深い傷の場合は、修理費用が高額になる可能性があります。

傷の位置やゆがみ具合

傷の位置によっては、修理のためにボディを分解しなければならないこともあります。分解修理となる場合は、分解のない修理よりも高額になるでしょう。

傷だけでなくへこみやゆがみがある場合、下地処理と塗装に加えて板金作業が必要です。作業工程が増えるほど、傷のみの修理に比べ費用が高くなります。

ゆがみがひどい場合には、パーツの交換が必要です。車体の構造に影響を与えるようなゆがみがある場合はフレームの交換となるため、その場合は修理費用が大幅に跳ね上がるでしょう。

塗装の種類

ボディの塗装カラーや塗装の種類も修理費用に影響します。ブラックやホワイトといった定番のカラーであれば、修理費用に大きく影響することはありません。

しかし、高度な調色技術が必要なカラーや角度によって色が変わる偏光カラーの場合は、修理費用が高額となる可能性があります。この他、クリア層にカラークリア塗料を用いる塗装を施している場合も、修理費用が高額になる傾向です。

車に付いた傷の修理は依頼先によって相場が変化する

自動車をチェックする整備士
車に付いた傷の修理費用相場を依頼先別に紹介

車に付いた傷の修理費用は、どこに依頼するかで相場が変わります。また、業者によって得意分野や対応可能範囲も変わるため、それぞれの特徴をよく理解した上で選ぶと良いでしょう。細かい傷であれば、自分で修理するのもひとつの方法です。

ここでは、修理の主な依頼先や自分で修理する際の注意点を解説します。

修理の主な依頼先

車の傷の修理を依頼できる業者と、それぞれの特徴は以下の通りです。

依頼先特徴
ディーラー・自社の車を熟知したスタッフに対応してもらえるため、安心感がある
・メーカーが定めた基準で修理が行われるため、技術にばらつきがなく仕上がりも安定している
・修理費用が高い
カー用品店・ガソリンスタンド・買い物や給油、洗車のタイミングで修理を依頼できる
・傷の度合いによっては修理を断られることがある
・ディーラーや板金塗装業者よりも修理費用が安い
板金塗装業者・修理専門業者のため、技術力と対応力がある
・マニュアルが定まっていないため、店舗や工場により対応や技術にばらつきがある
・ディーラーより修理費用は安いものの、業者によって差がある

細かい修理は自分でも可能

小さな浅い傷であれば、市販の傷消し剤を使って修理可能です。傷消し剤にはコンパウンド・パテ・タッチペンの3種類があり、それぞれ形状や適した傷が異なります。

傷消し剤の種類とそれぞれに適した傷は以下の通りです。

傷消し剤の種類適した傷
コンパウンド擦り傷
パテ深くえぐれた傷・へこみ
タッチペン小さな範囲の線傷・擦り傷

深い傷はさびの原因になるため、早めに処置をしましょう。深い傷の修理はサンドペーパーやマスキングテープを使うため、浅い傷の修理よりも複雑です。傷の修理に慣れていない方は、無理をせずに信頼できる業者へ修理を依頼しましょう。

車の傷の修理費用を安く抑えるためにできること

チェックリストと計算機
車の傷の修理費用を安く抑えるためにできる3つのことを紹介

車の傷の修理費用は、傷の位置や大きさ、傷の深さなどによって異なります。どこに修理を依頼するかによっても費用が変わるため、相見積もりや使う部品を選択するなどの対策を取りましょう。

修理費用があまりに高額になる場合は、車の乗り換えを検討するのも方法のひとつです。ここでは、修理費用を抑えるためにできることを3つ紹介します。

見積もり料金を比較する

修理費用を決める基準は業者ごとに異なります。そのため、同じ箇所の修理を依頼しても同じ金額を提示されるとは限りません。

修理費用を少しでも安く済ませるには、複数の修理業で相見積もりを取り、料金を比較するのが効果的です。見積もりだけの依頼でも断られることは基本的にはないため、最も安い見積もりを出した業者に依頼しましょう。

見積もりを確認する際には、金額だけでなく修理方法や費用の内訳の確認も大切です。疑問に思うことや分からないことはスタッフに確認し、納得した上で依頼しましょう。

社外品やリビルト部品を使用する

パーツの交換が必要な場合は、社外品やリビルト部品の使用も候補に入れると修理費用を抑えられます。リビルト部品は、廃車から取り外した利用可能な中古部品です。

ディーラーは基本的に純正品を使用しますが、板金塗装業者などであれば柔軟に対応してくれるケースもあります。社外品やリビルト部品を使えば、大幅に修理費用を抑えられる可能性があるため、一度相談してみましょう。

しかし、リビルト部品はあくまで中古品のため、再び故障するリスクがあります。安さの裏にあるデメリットも理解しておきましょう。

修理せずに乗り換えるという選択肢もある

現在乗っている車の走行距離が長かったり年式が古かったりする場合は、買い替えも検討しましょう。

走行距離が10万km以上、初年度登録から10年が経過した車は、部品が劣化している可能性があります。傷を直しても、別の場所に不具合が起きる可能性も否めません。

修理が重なればその分費用もかさみ、修理を手配する手間も増えます。また、低年式の車は税金や車検費用も高額です。この車でなければならない理由がない場合は、買い替えたほうがさまざまな面の費用を抑えられるでしょう。

車の乗り換えなら下取り価格の高いリバティへ

リバティ西大和店の車両展示場
リバティなら高い下取り価格でお得に乗り換えできる

リバティは関西と四国で18店舗を展開し、新車や中古車の販売を行っています。年間1万台以上を販売する大型専門店の強みを生かし、流通相場に近い価格での買取が可能です。

車の乗り換えを検討している方は、ぜひリバティにご相談ください。ここでは、リバティのおすすめポイントを紹介します。

乗り換え先の選択肢が豊富

リバティでは、軽自動車からミニバン、SUVまで全車種を取り扱っています。新車・登録(届出)済未使用車・中古車と種類も豊富なことから、目的と予算に合わせた車種のご提案が可能です。

また、リバティの店舗在庫車総数は約5,000台と商品数が多く、オールメーカーの商品を取りそろえています。希望するジャンル・グレード・ボディカラーの中古車を予算の中から見つけ出せるでしょう。

オークション相場に迫る下取り価格

リバティは買取専門店よりも下取り価格が高く、その価格はオークション相場にも迫ります。

買取専門店は買取で利益を出す方式のため、オークション相場よりも低い価格を提示することが一般的です。

年間販売実績1万2,000台を誇るリバティは、下取り以外で利益を出せるため、流通価格ぎりぎりの下取り価格を提示できます。これまで大切に乗ってきた愛車を少しでも高く売却したいという方は、自動車専門店のリバティにご相談ください。

まとめ

車を運転する笑顔の若い女性
車の傷の修理費用は部位や状態などの条件によって変わるため、費用が高額の場合は乗り換えも検討しよう

車の傷の修理費用は、傷が付いた部位や状態、車種、依頼する業者によって変わります。修理費用を抑えたい場合は、相見積もりを取ったりリビルト部品を使ったりするなどの対策を取りましょう。

傷の状態によっては修理費用が高額になる場合があるため、修理ではなく買い替えを選ぶのもひとつの方法です。

リバティは、豊富な知識を持つスタッフが理想の車選びをお手伝いします。車の乗り換えをご希望の方は、大型自動車総合販売店のリバティをぜひご利用ください。

車を売るならディーラー?買取業者?それぞれのメリット・デメリットや高く売るコツを解説

投稿日 2024.6.9
2024.6.10
libertynet

白い車を査定している男性
愛車を売るときはディーラーだけでなく選択肢は他にもある

愛車を手放すとき、どこに売るのが一番よいのでしょうか。ディーラーに下取りに出すのが手っ取り早いと思っている方も多いかもしれません。しかし、買取業者に売却するという選択肢もあります。また、それぞれにメリットとデメリットがあります。

この記事では、ディーラーと買取業者それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説します。また、売却に必要な書類や手続き、高く売るためのコツもお伝えします。それぞれの特徴を理解することで、自分に合った売却先を選ぶことができるでしょう。

目次はコチラ

ディーラーに車を売るメリット

ディーラーの女性と男性客
ディーラーで車を売る場合は下取りになる

車を売るなら、ディーラーを真っ先に考える人も多いでしょう。ディーラーに下取りに出せば、新車購入の手続きと同時に古い車も引き取ってもらえるので、とても便利です。

また、信頼と実績のあるディーラーなら、アフターサービスや保証も充実しているので安心して任せられます。ここからは、車をディーラーで売るメリットを詳しく解説します。

新車購入時の下取りで手続きが簡単

新車購入時にディーラーで下取りをすると、手続きがスムーズに進むメリットがあります。というのも、「車を売ること」と「車を買うこと」を同時に進められるからです。

買い替えを検討中の場合、買取専門店で車を売り、新たにディーラーや販売店に出向き、購入の取引を行わなければいけません。ディーラーであれば、下取りと購入の手続きや書類の準備も最小限で済むので、時間と手間を大幅に節約できるでしょう。

古い車でも下取りしてくれる可能性あり

ディーラーは古い車でも下取りしてくれる可能性があります。例えば、売れないと諦めていた10年落ちの車であっても、ディーラーでの新車購入を条件に、引き取ってもらえます。

もちろん、査定額は低くなりますが、買取業者であれば断られる車も対応してもらえる点はポイントでしょう。下取りなら、廃車の手続きも不要です。

信頼できる販売店なので安心感がある

「知名度の低い買取業者に車を売るのは不安だな」と思っている方も多いでしょう。ディーラーはメーカーの知名度もあり、信頼できる販売店のため、安心感があります。

長年の実績と信頼があるので、トラブルのリスクは低いでしょう。車の売却だけでなく、購入後に万が一の場合も、ディーラーなら、メンテナンスやアフターサービスも任せられます。

ディーラーに車を売るデメリット

黒い黒板にDEMERITのチョークの文字
ディーラーに車を売る場合は新車購入を前提としている

ディーラーに車を売るデメリットについて解説します。車を売るならディーラーがよいと思われがちですが、実は新車購入が前提条件となっていつことが多く、買取業者と比べて査定額が低くなる傾向があります。

また、下取り価格の交渉が難しいケースや、店舗まで移動する手間もあります。これらのデメリットを詳しく解説します。

新車購入が前提条件となる

新車購入を検討中の方にとって、ディーラーでの下取りは手軽な選択肢です。つまり、ディーラーでの下取りは、新車購入が前提条件となります。

つまり、新車を購入するときの値引き代わりに下取り価格が付けられる取引です。そのため現金で受け取れるケースはほとんどなく、書類上で下取りしとして売却した形になります。

一般的に査定額が買取業者より低い傾向にある

一方、ディーラーでの下取りには、もうひとつデメリットがあります。それは、買取業者と比べると、査定額が低くなる傾向にあることです。

ディーラーは新車販売が本業なので、下取り車はほとんどが中古車販売店に卸すことになります。その分、マージンを取られてしまうため、査定額が低くなる傾向です。

店舗までの移動や時間の制約がある

店舗まで車を持ち込む時間や手間も、ディーラーに下取りを依頼するデメリットのひとつです。「わざわざディーラーまで行くのは面倒だな」と感じる方も多いかもしれません。

というのも、買取業者の中には、自宅まで出張査定に来てくれるサービスもあるからです。忙しくてなかなかディーラーまで行く時間が取れない方にとっては、買取業者の出張査定は魅力的な選択肢かもしれません。

買取業者に車を売るメリット

車を査定している買取専門業者の男性
買取専門業者に売る選択肢もある

車を売る際、ディーラーへの下取りだけでなく、買取業者への売却も選択肢のひとつです。買取業者への売却は、ディーラーよりも高い査定額が期待できたり、自宅で査定を受けられる便利なサービスがあったりと、メリットは少なくありません。

ここからは、買取業者で車を売るメリットについて、詳しく解説していきます。

ディーラーよりも高い査定額が期待できる

買取業者に車を売却すると、ディーラーよりも高い査定額が期待できます。ディーラーに下取りを依頼したところ、想定より安い金額を提示された人が、同じ車で取業者数社に見積もりを依頼したところ、ディーラーの2倍近い査定額を提示する業者が現れた話もあります。

オプションや限定社などの査定アップにつながるチェックのポイントが多いことも理由として考えられます。

出張査定サービスは自宅で査定が可能

買取業者の多くは、出張査定サービスを提供しています。つまり、自宅や職場など希望の場所に査定士に出張してもらい、その場で車の査定を受けられるスタイルです。仕事が忙しく、なかなか買取業者へ行く時間がない人もWebサイトやメールで出張査定を依頼できるため、利用しやすいシステムといえるでしょう。

複数の買取業者から見積もりを比較できる

複数の買取業者に見積もりを依頼することで、より高い査定額を引き出せる可能性があります。ただ、多すぎでも対応が大変になるため、3社~4社ぐらいがおすすめです。

一括査定依頼のサイトを利用して、複数の買取業者に査定依頼を申し込みましょう。買取業者によって得意とする車種や査定基準が異なるため、複数の見積もりを比較することで車の大体の買取価格が適正に判断できます。手間はかかりますが、納得できる価格で愛車を売却するためには必要なステップといえるでしょう。

売却だけで新車購入の義務がない

買取業者に車を売却する大きなメリットは、新車購入を義務がないことです。車を手放す予定はあっても、すぐに新車を購入する予定がない場合は、買取専門店がおすすめです。ディーラーでは新車購入が前提条件ですが、買取業者なら売却だけで完結します。

売却代金をそのまま受け取れるのも魅力といえるでしょう。

ディーラーに車を売るデメリット

ブルーのミニカーとメモ用紙とペン
買取業者に車を売るデメリットもある

買取業者に車を売るデメリットについて解説します。確かに買取業者の方がディーラーよりも高い査定額が期待できますが、一方でデメリットもあります。信頼できる業者選びの必要や手続き、アフターサービスなどから、買取業者に車を売る際の注意点を見ていきましょう。

信頼できる業者選びに手間がかかる

車を売るときに信頼できる買取業者を見つけることは大切です。そのためには、口コミサイトから利用者の口コミをチェックしたりや業者の実績を確認したりしましょう。複数の業者から見積もりを取り、査定士や担当者の接客をチェックして判断する方法もあります。

手間はかかりますが、納得のいく査定額を引き出すためには、業者選びに時間をかける価値は十分にあるでしょう。

書類の準備や手続きが必要な場合がある

書類の準備や名義変更の手続きは、買取業者に車を売る際の必要作業です。必要書類は次のとおりです。次の項で詳しく解説します。

普通自動車軽自動車
必要書類・車検証
・自賠責保険支払証明書
・自動車リサイクル券
・自動車税納税証明書
・実印
・印鑑登録証明書
・住民票・戸籍の附票(2回以上の転居の場合)
・戸籍謄本(姓の変更の場合)
・車検証
・自賠責保険支払証明書
・自動車リサイクル券
・自動車税納税証明書
・住民票・戸籍の附票(2回以上の転居の場合)
・戸籍謄本(姓の変更の場合)

ディーラーの下取りは、ほとんどの手続きを代行してくれますが、買取業者に売る場合は自分で対応しなければならない場合もあります。手間はかかりますが、その分、高い査定額を引き出せる可能性があります。

買取業者によって査定額の差が大きい

買取業者によっては、査定額に大きな差が出ることがあります。買取業者の得意とする車種や年式も査定額に影響するので、自分の車に合った業者選びも重要です。

また、そのときの業者の在庫状況や販売ルートによっても査定額が変わる場合があります。そのため、複数の買取業者に査定を依頼して金額を比較し、自分にあった業者選びが大切になるでしょう。

車の売却に必要な書類と手続き

赤いミニカーの置いてある机で書類を記入している手元
車の売却には必要書類の準備や手続きがある

車をディーラーや買取業者に売る際、スムーズに手続きを進めるためには、事前に必要書類を準備しておくことが大切です。印鑑証明書や車検証など、法律で定められた書類が多岐にわたるため、「何を揃えればいいのかわからない」と困惑する方も少なくありません。ここでは、車の売却に必須の書類と手続きについて、詳しく解説していきます。

印鑑証明書と実印で書類に署名捺印

車を売却する際、普通自動車の場合は印鑑証明書と実印での書類への署名捺印が必要です。印鑑証明書は、市区町村の役所で発行できます。実印は、印鑑登録されたものを使用しましょう。

印鑑証明書には有効期限の定めはありませんが、手続きの際に印鑑証明書の有効期限がある場合は事前に確認しておくと安心です。

自動車検査証(車検証)と自賠責保険証明書

自動車検査証(車検証)と自賠責保険証明書も、車の売却時に必要な書類です。車検証は、車の所有者や車体番号、車検の有効期限などが記載されています。自賠責保険証明書は、自動車損害賠償責任保険に加入していることを示す書類です。

紛失した場合はどちらも再交付が可能です。自動車検査証(車検証)は使用地域を管轄する運輸支局または自動車検査登録事務所で、手続きしましょう。自賠責保険証明書の再交付は加入している保険会社へ、再交付を依頼します。再交付には1週間位上かかる場合があります。早めに対応してくことが大切です。

自動車税納税証明書と譲渡証明書

自動車税納税証明書は、自動車税を納めたことを証明する大切な書類です。最近ではスマートフォンの決済で納税されている方がいるかもしれません。その際は納税証明書が手元に残らないため、念のため、支払い画面のスクリーンショットを保存しておくとよいでしょう。通常は納税後2週間程度で陸運局に支払いの連絡が届くシステムです。

自動車税納税証明書を紛失した場合は、都道府県税事務所や自動車税の管轄事務所で再発行の手続きが可能です。

また、譲渡証明書は、売主から買主へ車の所有権を譲渡したことを示す書類で、買取業者が準備していることが多いです。

売買契約書の作成と代金の受け取り確認

売買契約書の作成は、車の売却手続きの最終段階です。通常、買取業者が2通作成し、売主と買主がそれぞれ1通ずつ保管します。トラブル防止のため、契約事項で下記の内容はしっかり確認しておきましょう。

・売却車両の情報
・自賠責保険料と自動車税の残金の扱い
・車買取の合計金額
・代金の支払い時期と支払い方法
・車両の引渡日と引渡方法

代金の受け取りは、現金の場合はその場で確認をします。振込の場合は、入金を確認してから車を引き渡すようにしましょう。

車を高く売るためのコツ

右手の人差し指を立てている女性
車を高く売るためのコツを確認しよう

車を少しでも高く売るためには、いくつかの重要なポイントがあります。この項では、自分のできる範囲で車の査定をアップする方法を解説しています。

車の清掃や複数見積もり、装備や査定時期など、これらのコツを実践して、査定アップを狙いましょう。

売却前に車内外を清掃する

売却前に車内外を丁寧に清掃し、見た目の印象をアップさせることは査定アップが期待できます。洗車や掃除機がけ、シートの汚れ落としなどで、車の印象を良くしましょう。

また、車内にペットやタバコの匂いが残っていると査定額に影響するケースがあります。換気をしたあと、できる範囲で消臭作業をしましょう。

複数の買取業者から見積もりを取る

複数の買取業者から見積もりを取ることで、より高い査定額を引き出せる可能性があります。

買取業者それぞれに「SUVが得意」「スポーツカーが得意」など、得意分野をもつ場合や店舗の在庫状況によっても査定、買取金額が異なります。

一社だけでなく複数の買取業者に見積もりを依頼して、査定内容と金額を比較しましょう。

車の特徴や付加価値をアピールする

車の特徴や付加価値を上手くアピールすることで、査定額アップを目指せます。例えば、購入時に取り付けた後付けできない純正のオプションは付加価値が高いです。また、同時に取り付けたカーナビ、オーディオなども含まれます。

逆に、社外品に付け替えている場合は、元の純正品を用意しておく高額査定につながる可能性があります。

需要の高い時期を狙って売却する

車の売却時期も査定額に影響します。中古車が最も売れる1月から2月は、春に進学や就職をひかえて、車のニーズが高まります。そのため、業者が在庫確保のために買取を強化しています。

また、7月から8月は、ボーナス時期と9月の転勤で車のニーズが高まります。同時に9月は買取業者の半期決算にあたるため売上を伸ばす動きもあり、買取に積極的に動く傾向があります。

車の買い替えは「リバティ」がおすすめ!

リバティ神戸店の展示車
車の売却は買い替えまでスムーズなリバティがおすすめ

車の売却には、事前の見積もりや必要書類などの準備が必要です。納得した契約を結ぶにはディーラーに限らず、買取店や中古車販売店など店舗選びが重要になります。

車の売却がはじめての方、車について詳しくない方は、乗り換えがスムーズにできる「リバティ」へご相談ください。

納得いただける買取価格

リバティは車の買取と販売の両方を行う自動車の大型専門店です。中古車買取専門業者は、買取った車を市場の相場で売却し、その差額で利益を得ています。そのため、買取額を高く設定するのは困難です。

また、ディーラーは新車販売が目的になるため、中古車の下取り査定は低い傾向です。リバティでは、お客様から買取った車をそのまま自社でメンテナンスし、販売して利益を得ています。買取での利益幅を取る必要がないため、下取り価格を相場の価格ぎりぎりまで近づけられます。

豊富なラインナップ

リバティグループは、軽自動車からミニバン、SUVまで約5,000台ものラインナップを誇ります。新車から中古車、新車同様の未使用車までご用意しており、豊富な在庫からお客様のライフスタイルに合ったお気に入りの一台をご提案します。

専門の買取店に売却した後で新しい車を探すよりも、ワンストップでスムーズかつお得に乗り換えが可能です。幅広い選択肢から好みの車種をお選びいただけるリバティグループで、理想の車生活をスタートしてください。

まとめ

黒い車の前に立つ男性2人
車を売るときはその後の状況を判断してディーラーかその他の業者か判断することが大切

車を売るなら、ディーラーと買取業者の選ぶポイントにより、それぞれにメリットとデメリットがあります。ここでは、ディーラーと買取業者で車を売る際の注意点や、高く売るためのコツについても詳しく解説しました。

車を売った後に乗り換を考えているのか、売るだけなのか自分の状況に合わせて賢く判断し売却先を探すことが大切です。

2WDと4WDの違いを徹底比較!それぞれの特徴やおすすめ車種を紹介

投稿日 2024.6.9
2024.6.9
libertynet

黒い車のタイヤと道路
2WDと4WDの違いを比較してみよう

自動車は同じモデルでも異なる駆動方式で販売されている商品があります。2WDや4WDと表記されており、カタログ上では判断がつくものの、具体的な違いが分からない方も多いのではないでしょうか。

目的に沿った車を選び、快適なカーライフを楽しむためには、駆動方式ごとのメリット・デメリットを把握しておくことが重要です。

今回は2WDや4WDの違いについて、それぞれの特徴を深く掘り下げて解説します。各方式の強みを生かした車種も紹介しているので、検討時の参考にしてください。

目次はコチラ

2WDと4WDの違いは駆動輪の数

困り顔で腕を組む女性
2WDと4WDの駆動輪の数による違いを考えてみよう

2WD(二輪駆動)と4WD(四輪駆動)の大きな違いは、内部で駆動している車輪の数です。外観から区別することは難しいですが、車体の下側は造りが異なるため見分けられます。また、エンブレムや車検証などに、記載されている内容による判別も可能です。

2WDは前輪または後輪の2輪が駆動し、4WDは前後の車輪が駆動します。この違いが車の燃費や走行性能に影響するため、快適な走行にはライフスタイルや使用シーンに適した駆動方式の選択が必要です。

4WD(四輪駆動)の特徴

車を運転する手
4WDは大きく分けて4つの種類がある

4WD(四輪駆動)は、全ての車輪が駆動する車両の駆動方式です。この特徴により、4WD車は悪路や悪天候下での走行性能が向上し、トラクションや操作性が高まります。

また、雪や泥などの滑りやすい路面においても、安定した走行が可能です。4WDは駆動状況ごとに4つに分類できます。仕組みや特性を把握し、4WDについての理解を深めましょう。

パートタイム4WDの特徴

パートタイム4WDは、2WDと4WDを任意で切り替えて走行する駆動方式です。舗装路など普段使いは2輪走行で、オフロードや雪道なら4輪走行といった具合に使い分けできます。

2WD時は走行抵抗を減らした燃費性能、4WD時は優れた走破性が特徴です。手動で切り替えできる分、適した駆動方式で走らなければ、システムに負担をかけてしまいます。

フルタイム4WDの特徴

オンロード・オフロード問わず、前後の4輪に力を伝えて走行する駆動方式がフルタイム4WDです。前後の中心に設置されるセンターデフという差動装置が、路面の状況や走行場所に適した動力配分を行います。

タイヤがスタックした場合は、デフロック機能により、動力を均等に分散することで脱出が可能です。悪路において安定した走破性を誇る一方、4輪全てに動力を伝達するため、燃費はあまり良くありません。

オンデマンド4WDの特徴

オンデマンド4WDは通常時に2WDで走行し、状況に応じて自動で4WDに切り替わる方式です。四輪駆動の中でもメジャーな方式で、スタンバイ4WDという別称もあります。

手動で切り替える手間が減るため、簡単に駆動輪の使い分けが可能です。パッシブオンデマンドとアクティブオンデマンドの2種類に分けられ、駆動力を切り替える機構が異なります。

電気式4WDの特徴

一部メーカーのハイブリッド4WDに導入されている方式が電気式4WDです。エンジンから差動装置を通して動力を伝える機械式と違い、モーターを用いて直接的にエンジンパワーを伝えて駆動します。

走行条件や路面状態に応じて、2WDと4WDを自動で切り替えられるので、状況に適した制御が可能です。効率良く駆動輪を動かせるため、高い走行性能を維持したまま燃費の悪化も抑えられます。

2WD(二輪駆動)の特徴

道路を走行する白いプリウス
2WDは前輪と後輪のどちらかを使って走行する

2WD(二輪駆動)は、前輪または後輪のいずれかの車輪で走行する駆動方式です。比較的シンプルな構造で、一般的な乗用車や商用車に広く採用されています。

4WDと比べると走破性は劣りますが、低燃費で本体にかかるコストは安いです。駆動車輪とエンジン位置の組み合わせで分かれており、それぞれ特徴が異なります。ここでは4パターンある駆動方式の性能を見てみましょう。

FF(フロントエンジン・フロントドライブ)の特徴

FF(フロントエンジン・フロントドライブ)車は、駆動輪とエンジンが両方とも前側に配置した構造です。レイアウト上、車内スペースを広く確保できるので、ミニバンやコンパクトカーに多く採用されています。

前輪駆動のおかげで操縦安定性やトラクションが向上するため、一般的な道路状況における快適な走行が可能です。雪や雨などの悪天候下にも対応できます。

FR(フロントエンジン・リアドライブ)の特徴

FR(フロントエンジン・リアドライブ)は、後輪駆動でエンジンが前方に配置されています。後輪駆動が加速をスムーズにし、エンジンは重心を安定させ、ダイナミックかつ正確な運転が可能です。

操縦性や車体バランスの良さから、スポーツカーなどの高パフォーマンスな車両に多く採用されます。路面や運転条件によっては、走行時の安定性が低下するため、状況に応じた対策が必要です。

MR(ミドルシップエンジン・リアドライブ)の特徴

MR(ミドルシップエンジン・リアドライブ)車は、車体の中央付近に配置されたエンジンで、後輪を動かす珍しい駆動方式です。フェラーリやランボルギーニといった、高級スポーツカーに採用されます。

車体重量のバランスが良く、優れたハンドリング性能でスムーズな操縦が可能です。操作しやすく高性能ですが、構造的に車内が狭くなりやすいので普段使いに向いていません。

RR(リアエンジン・リアドライブ)の特徴

RR(リアエンジン・リアドライブ)は、駆動輪とエンジンが車体の後方に配置された方式です。駆動輪とエンジンが後部に集約されている構造が、広い室内空間の設計とフロント部分の柔軟性を実現します。

重心が後ろに寄るため、ハンドリングの操縦性や旋回時の安定性が高いです。その分、操作が難しい場面もあるので、運転には経験や技術が求められます。

2WDと4WDが持つメリット・デメリットの違いを比較

車のおもちゃを両手に持った人物
2WDと4WDのメリット・デメリットの違いを比べてみよう

大きく2WDと4WDに分かれる駆動方式は、車両の性能に大きく左右する要素です。これらは特性が違うので、使用環境やユーザーニーズによって最適な選択肢が異なります。

判断を間違えると、コストの増加や安定性の低下を招きかねません。理想的な駆動方式を選ぶために、メリット・デメリットを3つの視点で比較しながら紹介します。

燃費性能の違い

2WDと4WDの燃費性能には明確な違いがあり、一般的に4WD車は2WD車よりも燃費が良くありません。これは2WDよりもエンジンから駆動輪へ分配するエネルギーが多いためです。

ただし、この違いは車種やドライバーの運転スタイルによって差が縮まる可能性もあります。駆動輪を切り替えるモデルの場合、2WDの走行時は4WDモードよりも低燃費での走行が可能です。

近年では技術の向上により、ハイブリッドモデルなど、低燃費で環境に配慮した4WD車も多く存在します。

走行性能の違い

4WDはエンジンの動力が前後の駆動輪に伝わるため、舗装路から悪路まで全体的に安定した走行を発揮します。対して2WDは、前輪または後輪のいずれかに動力を伝える構造なので、4WDに比べて悪路の走行に向いていません。

市街地での走行に向いている2WDですが、2WDの中でも駆動輪の位置によって性能に差が出ます。前輪駆動のモデルは車体を引く力が強く、雨でぬれた路面でも安定した走行が可能です。後輪駆動のモデルは、悪路が苦手なため対策しなければなりません。

コスト面の違い

2WDと4WDは構造が異なるため、本体代やメンテナンス費用に差が出ます。部品数が少なくシンプルな造りの2WDは、一般的に4WDよりも低価格で購入やメンテナンスが可能なのでコスト面では有利です。

4WDは駆動システムやセンサー、制御装置など多くの部品を必要とする分、価格が高く設定されています。メンテナンスにおいても、4WDのほうが複雑な構造で点検箇所も多く、高額になるケースが多いです。燃費性能の差も考慮すると、全体的に費用がかかります。

特徴に大きな違いがある2WDと4WDはどちらがおすすめ?

疑問を持っている白い服を着た女性
2WDと4WDどちらが向いているかを考えてみよう

自動車の駆動方式は2WDと4WDで優れている点が違うため、使用目的や走行環境に適した選択が重要です。慎重に判断しなければ、購入後の後悔にもつながります。

両方の違いは理解しているものの、具体的なイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。それぞれの駆動方式がどのような点を重視しているユーザーに向いているか紹介します。

走行性能を重視する人は「4WD」

効率良くエンジンパワーを路面に伝える4WDは、悪天候や悪路で安定した走行を求める方に向いています。特に山岳地域や雪国などに住んでいて、日常的にオフロードを走行する場面で有用です。

ぬかるみや溝でスタックが起こりにくく、坂道や滑りやすい路面も力強く進めます。高速道路での安定性も高いため、目的地までの長距離移動が快適です。

燃費性能を重視する人は「2WD」

低燃費で維持費を抑えたいユーザーには、コストのかかりにくい2WDがおすすめです。軽量でシンプルな車体が、エネルギーを効率良く消費して、燃料消費率を向上させます。

通勤や買い物など日常利用において、燃費性能が優れている車両ほど、燃料代の節約が可能です。都市部での使用がメインで、オフロードを走る機会が少なければ、2WD仕様のモデルが活躍します。

4WDで走破性に優れたおすすめ車種

道路を走行するベージュのジムニー
走破性に優れたおすすめ4WD車の紹介

雪道や未舗装路など過酷な状況の道路に適した4WD車ですが、中でも特に優れた走破性を持つ車種が存在します。走行性能が高ければ、オンロードとオフロードの両方で負担の少ない移動が可能です。

小型の軽自動車からSUVタイプの大型車まで、デザインやコンセプトが異なる車種を厳選して、その特徴や魅力を紹介します。選択肢の候補として参考にしてください。

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー XC ジャングルグリーン
スズキ ジムニーは小さなボディと4WDの性能で知られるコンパクトなSUV

ジムニーは、コンパクトながら高いオフロード性能で、悪路にも対応できる軽SUVです。パートタイム4WDを採用しており、2WDと使い分けて燃費を意識した走行もできます。

副変速機によるギアチェンジも便利で、雪道走行やスタック状態に応じた選択が可能です。トランスミッションは、MTとATから選べるため、操作スタイルに合わせた車両に乗れます。

スズキ ジムニーの在庫一覧はこちら!

トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー ZX ホワイト
堅牢な性能と豪華な装備で有名な大型SUVトヨタ ランドクルーザー

トヨタの大型SUVランドクルーザーは、その優れた走破性や耐久性から世界的な人気を誇る車種です。あらゆる走行環境に対応できる6つのモードを搭載しており、車両の走破性能をさらに高めます。

周囲の状況を確認できるマルチテレインモニターは、死角の状態や障害物の検知に便利です。SUVテイストの存在感のある外観は見た目だけでなく、高い耐久性を持ち過酷な環境でも人や荷物を運びます。

トヨタ ランドクルーザーの在庫一覧はこちら!

日産 エクストレイル

日産 エクストレイル 20Xi バーニングレッド
都市部からアウトドアまで幅広い用途に対応したSUV日産 エクストレイル

日産が販売するエクストレイルは、電気式4WD「e-4ORCE」を搭載した、ハイブリッドモデルのSUVです。前後のモーターと駆動輪のブレーキを制御し、路面の状況に左右されない軽やかな操作性を発揮します。

雪道走行に特化したモードがあり、坂道や滑りやすい路面でも安定した走行が可能です。走破性よりもコストを優先したい場合は、各グレードの2WDモデルも選べます。

日産 エクストレイルの在庫一覧はこちら!

2WDで燃費の良いおすすめ車種

道路を走行する白色のアルト
燃費の良いおすすめ2WD車の紹介

燃費性能は車のランニングコストに影響を与える要素のひとつです。優れた燃費性能のモデルほど、エネルギーを効率良く消費するため、1Lで走行できる距離が長くなります。

燃料代を節約したいユーザーにとっては非常に重要です。流通量が多く選択肢の豊富な2WD車の中から、選び抜いた低燃費のおすすめ車種を紹介します。車の選定に役立ててください。

スズキ アルト

スズキ アルト L ホワイト
コンパクトなボディと燃費の良さが魅力の軽自動車スズキ アルト

シンプルかつ個性的なデザインのスズキ アルトは、マイルドハイブリッドを搭載した軽自動車です。燃費面で有利な車両構造と、ハイブリッド機能の組み合わせにより、27.7km/Lという低燃費を実現しました。

軽自動車で燃費が良いため、維持費が抑えられることはもちろん、本体価格もお手頃で多数のグレードを展開しています。ニーズに沿ったエンジンや駆動輪の選択肢が広い1台です。

スズキ アルトの在庫一覧はこちら!

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ Z グリーン
トヨタ シエンタは広い室内空間と使い勝手の良さが特徴のコンパクトミニバン

ファミリーカーとして人気の高いシエンタは、燃費の良いコンパクトミニバンです。モデルやグレードで差はありますが、カタログ燃費は一番高い数値で、WLTCモードの28.8km/Lを達成しています。

スライドドアや柔軟なシートアレンジなど、便利な機能が多い点も魅力的です。各グレードに5人乗りと7人乗りのモデルを展開しており、乗車人数や利用目的に合わせた選択ができます。

トヨタ シエンタの在庫一覧はこちら!

トヨタ プリウス

トヨタ プリウス Z アティチュードブラックマイカ
トヨタ プリウスはハイブリッドシステムと先進的なテクノロジーが特徴

世界初のハイブリッド乗用車であるプリウスは、低燃費なコンパクトカーとして広く知られています。

2種類のハイブリッドシステムを展開しており、1.8Lモデルの燃費はWLTCモードで32.6km/L、2Lモデルは28.6km/Lとどちらも優れた性能です。燃費だけでなく走行性能も高く、新型は乗り心地を考慮した形状やデザインを取り入れています。

トヨタ プリウスの在庫一覧はこちら!

4WDと2WDの違いを比較して選ぶならリバティへ

リバティ松原天美店の車両展示場
リバティなら4WDと2WDを比較して選べる

性能や価格が異なる2WDと4WDは、ユーザーの用途や目的によって選択肢が変化します。駆動方式を比較しながら選ぶには、幅広いニーズに対応した店舗への相談が必要です。

豊富な車種のラインアップから2WDもしくは4WDを探すなら、リバティへお問い合わせください。車の専門知識を豊富に持つスタッフが、お客さまの車選びをお手伝いいたします。

オールメーカーの車種を比較できる

自動車の総合販売店リバティでは、5,000台を超える在庫から予算や目的などの条件に合わせて車両探しが行えます。人気の高いメーカーや車種を取りそろえているため、駆動方式による性能の比較も可能です。

リバティは直接店舗へ足をお運びいただく他、最新の在庫情報を掲載している公式サイト上で車両探しを行えます。関西・四国地方を中心に展開している店舗在庫から、気になる項目を設定しながら検索が可能です。興味のある商品があれば、お気軽にお問い合わせください。

大規模販売店の強みを生かした販売手法

車の購入において本体価格は、満足度にも関わる大切な要素です。なるべく購入費用を抑えるために、時期の調整や安価な商品を探すユーザーも少なくありません。リバティは、大型販売店の長所を生かした販売手法で、リーズナブルな価格の商品を提供しています。

新車より安く手に入り、中古車の中でも比較的新しく状態の良い「登録(届出)済未使用車」の購入も可能です。予算が足りず諦めていたモデルやグレードに手が届くかもしれませんので、ぜひ一度探してみてください。

まとめ

夕日を背に駐車している白いSUV車
2WDと4WDの違いを理解して自分と相性の良い1台を選ぼう

2WD(二輪駆動)と4WD(四輪駆動)の違いは駆動輪の数です。2WDは前輪または後輪に、4WDは前後の駆動輪に動力を伝達して走行します。

走行時のエネルギー消費が少ない2WDは燃費が良く、全てのタイヤにパワーが伝わる4WDは走破性に優れた構造です。このように2つは特徴が異なるため、走行シーンや使用環境を考慮して、どちらにするかを選びましょう。

2WDと4WDを比較して購入を検討したい方は、約5,000台を誇るリバティの在庫から探してみてはいかがでしょうか。公式サイト上で最新在庫情報を公開しているので、求めている車種があるか、ぜひ一度チェックしてみてください。

//記事ページのみに構造化データを出力