スタッフブログ

人気自動車メーカー「トヨタ・マツダ・スバル・三菱」の先進安全技術を徹底解説!!最も安全な車もご紹介!!大阪府で車を買うならリバティで!!

2022.10.28 libertynet

みなさん、こんにちは!!

リバティ広報部(仮)です。

 

本日は人気自動車メーカーの安全性能を比較していきます!!
それぞれのメーカーの安全性能を詳しくご紹介していきますので、是非最後までご覧ください!!

本日安全性能をご紹介するのは以下のメーカーになります!!

トヨタ

マツダ

スバル

三菱

これらの人気自動車メーカーの安全性能を深堀り、比較していきます!!

人気軽自動車メーカーの安全性能の紹介・比較も行っていますので、是非ご覧ください!!


▼人気軽自動車メーカーの安全性能の比較はコチラから!!▼

人気軽自動車メーカーの安全性能を詳しくご紹介!!


各メーカー車の安全性能の評価は自動車アセスメントに基づいて行っていきます!!

自動車アセスメントとは、国土交通省と自動車事故対策機構が評価を新車販売を行っている車種に対して、実際の事故と同じような状況になった際、どのような安全技術を発揮するのかを調べているものです!!

自動車アセスメントには主に、衝突安全性能評価予防安全性能評価事故自動緊急通報装置の3種類によって評価が行われます!!

年度によって評価方法は多少異なるものの、以下の通りになっています。

予防安全性能評価は2022年度が91点満点、2020~2021年度が82点満点、2014~2019年度が112点満点にて採点が行われていました。

そして上から順にA,B,C,D,Eとランク付けがされており、高い予防安全性能をしているお車がAランクになります!!

衝突安全性能評価は、2018年以降は100点満点で採点されており、それ以前は2011年~2107年まで208点満点で採点がされています。

2020年以降は予防安全評価同様、上から順にA,B,C,D,Eとランク付けがされています。
2018年~2019年は、上から順にの数で評価がされており、最も高い評価が★★★★★で最も低い評価が★☆☆☆☆となっています。

事故自動緊急通報装置は8点満点で採点がされており、主に先進型:8点基本型:2点の2つにて採点がされます。
先進型は「保安基準に適合する事故自動緊急通報装置のうち、当該車両の乗員の傷害予測のための情報を送信する装置が搭載されていれば、認定されます!
基本型は「『先進型』」以外の保安基準に適合する事故自動緊急通報装置」が認定されます!

総合評価は上から、最も高い評価が★★★★★で最も低い評価が★☆☆☆☆となっています!!

この評価にて最も高い★★★★★を得たお車がファイブスター賞を得ることが出来ます!!

しかし、点数だけではなく、防安全性能評価及び衝突安全性能評価のどちらかが最高評価を獲得している事。さらには、事故自動緊急通報装置が備えられている事が最低条件となります!!

そのため、ファイブスター賞を獲得しているお車は国が認めた現状最も安全なお車の一台であるという事になります!!

世界のトップメーカー「トヨタ」!!
先進安全技術はどのレベル?


最初はトヨタの先進安全技術について、ご紹介していきます!!

言わずと知れた世界トップクラスのメーカーであるトヨタは当然、安全技術も非常に高いものがあります!

そんなトヨタの先進安全技術はToyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)という機能があります。

この先進機能は死亡事故の内7割を占めている、
・歩行者事故
・正面衝突、車線逸脱
・追突
これらの被害を軽減するための機能です。
ドライバーの疲れによるミスなどをカバーして、事故を未然に防ぐために開発されています。

現代では二代目のトヨタセーフティセンスが使用されています。
初代のトヨタセーフティセンスは“P”と“C”の二つのパッケージに分かれていましたが、現在では1つに統一されています!!

 

そんなトヨタセーフティセンスの細かい機能についてご紹介していきます!

プリクラッシュセーフティ

前方の車輌・歩行者・自転車を昼夜関わらず、自動二輪車は昼のみ、衝突の危険がある場合に、警報とディスプレイ表示にて教えてくれます。
お知らせでブレーキを踏めた場合「プリクラッシュブレーキアシスト」、踏めなかった場合「プリクラッシュブレーキ」を作動させて、衝突回避及び衝突被害の軽減をサポートしてくれます!!  

レーントレーシングアシスト

走行時に車線を逸脱しそうな場合、警報とディスプレイにて知らせてくれます。
白線のみならず、アスファルトなどの境界からはみ出しそうな時に、自動でステアリング操作を行い、車線中央に戻るサポートをしてくれます!
また渋滞時など白線が見えにくい場合にも、先行車を追従して、ハンドル操作をサポートしてくれます。
レーントレーシングアシスト制御中にドライバーからの無操作状態が続いた場合に、音と表示、緩減速
によって減速を促してくれます!!その後ハザードで車外にも以上を伝えながら、減速し停車を行います。
停車後はドア解錠を行い、日本緊急通報サービスに自動接続を行ってくれます。
こういった走行時のアクシデントや渋滞中の走行をサポートしてくれます!!

レーダークルーズコントロール

低速走行から高速走行まで幅広い速度の走行の際、先行車と設定した距離を維持してくれます。先行車がいない場合は、設定した速度で走行してくれます。
レーダークルーズコントロールで走行中にカーブに差し掛かった場合には、自動で速度抑制を行い、ステアリング操作を行ってくれます♪
また、追い越しや車線変更にかかる予備加速、予備減速を自動で行ってくれます!
渋滞時などの停止・発進を繰り返すシーンで、先行車や先々行車の認識、進路判定、割り込み車などに対して、認識を行ってくれます。
また、レーダークルーズコントロール使用中にウインカー操作をした際は、追い越しや車線変更にかかる予備加速、予備減速を自動で行ってくれます!
こういった走行時のサポートをしてくれます♪ 

レーンディパーチャーアラート

ウインカー操作を行わず、車線を逸脱する恐れがあり、車線変更時ではないと車が判断した際に、ブザーとディスプレイ表示にて知らせてくれます!

オートマチックハイビーム

先行車や対向車を自動で認識して、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます!!

ロードサインアシスト

標識をカメラで認識を行い、ディスプレイに表示を行ってくれます。
法定速度を超えた場合には、点滅などで車が知らせてくれます。

先行車発進アラーム

ブレーキを踏んで停車後、先行車が約4m以上進んでも発進しなかった場合に、ブザーとディスプレイ表示にてお知らせしてくれます!!

プロアクティブドライビングアシスト

走行時の安全をサポートしてくれる機能です!
歩行者の横断時などに、ブレーキやステアリング操作をサポートしてくれます。
さらには、割り込みを行ってきた車に対してやカーブ走行時に、ドライバーがアクセルをOFFにしたことを皮切りに、車間距離が近づきすぎないように減速します!

緊急操舵支援

歩行者や車両などと衝突する可能性が高い中で、自車線内に回避を行うのに十分なスペースがある場合、システムが自動で弱いブレーキを踏むながら、ステアリング操作を行い車線内での衝突回避をサポートしてくれます!!


フロントクロストラフィックアラート

交差点でドライバーが左右から車が近づいている状況で、発進しようとした場合ブザーやディスプレイ表示などで、お知らせしてくれます!!

レーンチェンジアシスト

レーントレーシングアシスト作動中の走行時にドライバーがウインカー操作を行うと、ステアリング操作、車線変更先車両の監視などをシステムが行ってくれます。
さらに、レーンチェンジが終わると、自動でウインカーが消えます!

※これらの技術が搭載されていないお車もあります。

トヨタの先進安全技術はこれだけではありません。
駐車時支援機能

トヨタチームメイト

スマートアシスト

衝突安全機能

これらの、先進安全技術がトヨタには存在しています。
お車、グレードによって搭載されている先進安全技術は違うため、是非一度調べてみてください!!

そんな、トヨタセーフティセンスを搭載したトヨタ車で2020年以降最も安全評価が高かったのが、SUVとして大人気なハリアーです♪

2020年に登場した4代目ハリアーが2020年度ファイブスター賞を受賞しています!!

そんなハリアーの総合評価は以下のものになっています!!

ハリアーは予防安全性能評価と事故自動緊急通報装置については、満点で最高評価を獲得しています!!

衝突安全性能評価は84.63点以上がAランクに認定されますので、余裕をもって最高評価認定されています!!

SUVとしてのスタイリッシュな見た目だけでなく、安全性能が非常に高いのがハリアーの特徴です♪

こだわりが強い自動車メーカー「マツダ」!!
先進安全技術に対するこだわりは?


2番目はマツダの先進安全技術をご紹介していきます!

「Be a driver」というキャッチコビーを聞いたことがある方が多いのではないかと思いますが、ラインナップが非常に少なく、一台の車に対するこだわりが強いメーカーとして有名です。

i-ACTIVSENSE、それがマツダの先進安全技術です。
小さい車など、車のサイズを問わず、全ての車の安全技術を高くしようとしているのが特徴です。

危険な状況になってからの対処ではなく、危険事態を回避するという事を念頭に置かれているのがマツダの安全思想です。
そんなマツダの安全思想に基づいた「i-ACTIVSENSE」の詳しい内容をご紹介していきます。

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ

前方の車輌や歩行者を認知して、衝突する危険がある場合にディスプレイ表示やブザー音による警報、自動ブレーキなどによって、衝突回避・被害軽減を行ってくれます。
車速が10km~80kmで作用します。

AT誤発進抑制制御(前進)

ペダルを踏み間違えて急発進を行いかけた場合に、急発進を抑制してくれる機能です。

AT誤発進抑制制御(後進)

ペダルを踏み間違えて急発進を行いかけた場合に、急発進を抑制してくれる機能です。

スマート・シティ・ブレーキ・サポート

後退時に車や障害物等を検知します。そして衝突の恐れがある場合に、衝突時の被害軽減を行ってくれます。

スマート・ブレーキ・サポート

15km/h以上で走行時に前方車両と急接近した場合、ディスプレイ表示とブザー音によって知らせてくれます。
その後、ブレーキ動作が行われなかった場合にも、自動ブレーキによって衝突被害軽減に努めてくれます。

スマート・ブレーキ・サポート[後退時左右接近物]

後退時に、左右から接近した車がある場合、それを検知し衝突時の被害軽減を図ってくれます。

リア・クロス・トラフィック・アラート

後退時に接近車両を感知して、ドライバーに警告をしてくれます。

360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)

モニターに車両を上空から映したような映像を映すことにより、目視では確認しづらい範囲まで、安全確認がしやすくなっています。

リアパーキングセンサー

後方の障害物を検知した際に、警報音を鳴らし、注意を促します。

アダプティブ・LED・ヘッドランプ

ヘッドランプの照射範囲や明るさを自動で調整して、誰でも安心して夜行走行できるようにしてくれます。
その中の機能として、先行車や対向車に照射してしまうライトのみ減光して、その他の広い範囲は照射し続ける事によって、前方視界を良くすることや、夜間走行中に交差点や横断歩道に差し掛かった際、低い位置をワイドに照射することによって、歩行者を視認しやすくしてくれます。
このような照射性能で、夜間走行をより安全にしてくれます。

ハイビーム・コントロール・システム

ハイビームとロービームを夜間に自動で切り替えてくれます。

 

アダプティブ・フロント・ライティングシステム

夜間にカーブを走行時、車速とステアリング操作を認識し、自動で進行方向をライトが照らしてくれます。

車線逸脱防止システム

車線のはみ出しを感知した際、警戒灯や警戒音によってドライバーに知らせて、事故発生防止を図ってくれます。

レーン・キープ・アシスト・システム

走行中に車線逸脱が発生しそうな際に、ステアリング操作をアシストすることにより、車線逸脱を防止してくれる「遅いモード」。
走行中に車線内中央を維持してくれる「早いモード」の二種類があります。

ブラインド・スポット・モニタリング

隣接車線及び、走行車線後方接近する車両を感知し、危険が差し迫った場合には、警戒音などで、注意を促してくれます。

前側方接近車両検知

左右前方の死角から接近する車両を検知して注意を促してくれます。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール

システムを作動すると、設定した速度で走行してくれます。先行車がいた場合には、設定した車間距離で走行してくれます。

交通標識認識システム

交通標識をシステムが認識して、ディスプレイに表示してくれます。

ドライバー・アテンション・アラート

ドライバー、車両の状態をモニターし、適度なタイミングで休憩を促してくれます。

ドライバー・モニタリング

ドライバーの疲労、眠気をシステムが検知して、休憩を促してくれます。

 

クルージング&トラフィック・サポート

先行車両を追従して走行、更にはステアリングアシストで、渋滞時の運転をサポートしてくれます。

 

デイタイム・ランニング・ライト

昼間にライト点灯することにより、走行車の被視認性を挙げてくれます。

※これらの技術が搭載されていないお車もあります。

こういった幅広い範囲での先進安全技術を搭載していることがマツダ車の特徴になります!!
そんなマツダの望む安全技術は、そもそも自動ブレーキなどが作動しない環境を提供する事であり、安全に事故の心配なく走行できるようにするための、先進技術による予防安全です♪

※画像はCX-5のものになります。

そんなアイアクティブセンスを搭載しており、マツダ車の中で最も評価が高かったのが、CX-30です。

2019年に登場したクロスオーバーSUVであるCX-30は現在は新車販売を休止していますが、人気が高いお車です。

2021年のファイブスター賞を受賞しており、女性が運転しやすい車としても人気があるお車です!

CX-30の満点の数値は事故自動緊急通報装置のみでしたが、衝突安全性能評価、予防安全性能表共に高評価で、Aランクを獲得しています!!

ボディサイズはあまり大きくないながらも、室内空間が広い事が売りCX-30はクロスオーバーSUVとして高い人気を誇っています♪

販売休止になるまでは、普通車の新車販売台数でも30位ほどに位置していました。

ハリアー同様、SUVのスタイリッシュな見た目だけでなく、安全性能まで高い、家族で乗るのにもおススメな一台です!!

技術力の高さで急成長したメーカー「スバル」!
技術力の高さは先進安全技術にも?


3番目はスバルの先進安全技術をご紹介していきます!!

スバルの先進安全技術はアイサイトというものになっています。

4輪駆動や、水平対向エンジンなど技術力の高さが売りとなっているスバルですが、先進安全技術も非常に高いことで有名です。

最近では、あなたと車の物語というcmを見たことがある方も多いのではないでしょうか。
車と人がパートナーになれるような車づくりを目指して作られています!
そんなスバルの先進安全技術、アイサイトには以下の3つの種類があります。
・アイサイト
・アイサイトセイフティプラス
・アイサイトX

これらをそれぞれ、詳しくご紹介していきます!!

アイサイト

プリクラッシュブレーキ

システムが衝突の危険性があると判断した場合に、ドライバーに注意を促してくれます。それでも、回避操作がない場合に自動でブレーキ制御を行い、衝突回避をサポートします。

前側方プリクラッシュブレーキ

見通しの悪い交差点や店舗出口等で、レーダーによって前側方から接近する車両を検知し、衝突の危険があるとシステムが判断した場合には、警報音やアイサイトアシストモニターによって注意を促してくれます。さらに、警告後衝突回避行動がなかった場合にはシステムがブレーキ制御を行い、衝突回避をサポートしてくれます。

緊急時プリクラッシュステアリング

プリクラッシュブレーキのみで回避ができない場合において、システムが周囲に回避スペースがあると判断すると、システムがステアリング制御もあわせて行い、衝突回避をサポートしてくれます。

後退時ブレーキアシスト

後退時に衝突の回避の必要がある場合に、段階を踏みながら注意を促してくれます。更に、回避動作がない場合には、システムがブレーキ制御を行い、衝突回避をサポートしてくれます。

AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御

駐車スペースから前進、又は後進にて発進を行う際に、シフトレバーの間違いや、ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いによる急な飛び出しをシステムが自動で制御してくれます。
更には、「後退速度リミッター」という後進時の速度を制御する機能も兼ね備えています。

ツーリングアシスト

高速道路や自動車専用道路にて、0~120km/hなど様々な速度帯にてアクセル、ブレーキ、ステアリング操作をシステムがアシストしてくれます。車線と先行車の両方を認識して、渋滞から高速走行時まで幅広くドライバーの負荷を軽減してくれます。

全車速追従機能付クルーズコントロール

0~120km/hと幅広い車速帯にて、設定した速度か先行車に一定の距離で追従走行してくれます。

車線逸脱抑制

自動車専用道路などで60km/h以上で走行している際、車線からはみ出そうになった場合、ステアリング操作のアシストによって、車線逸脱を抑制してくれます。

警報機能・先行車発進&青信号お知らせ機能

走行中に自車がふらついた場合(60km/h以上)や車線逸脱(40km/h以上)を検知した場合、警報音と警告表示を行ってドライバーに注意を促してくれます。
また停車時に先行車の発進や、青信号を見逃していた場合に、音と表示にて知らせてくれます。

 

アイサイトセイフティプラス

スバルリヤビークルディテクション

走行中に自車の隣接車線を走行する後方車両が接近してきた際に、自車が方向指示器などの操作によって、車線変更を行おうとしてしまった場合に、システムが衝突の危険があると判断した場合、ドアミラー内側のLEDインジケーターが点灯、点滅する事や、警報音よってドライバーに注意を促してくれます。

エマージェンシーレーンキープアシスト

自動車専用道路などで約60km/h以上で走行していた場合に、隣接車線を走行する後方車両が接近している中、車線変更を行おうとした場合や、車線をはみ出した場合に、音と表示による注意喚起と共に、ステアリング操作をアシストして、車線逸脱を抑制してくれます。

アレイ式アダプティブドライビングビーム

夜間走行中に対向車や先行車にライトが当たる部分だけ遮光します。さらに、その他の部分ではハイビームを行うことによって、前方車両の視界を損なうことなく、広い範囲の明るい夜間視覚を確保することが出来ます。

デジタルマルチビューモニター(フロント・サイド・リヤ)

フロントグリル、助手席側ドアミラー、リヤゲートに装着されたカメラの映像をインフォメーションディスプレイに表示してくれます。これによって、死角となる部分のリアルタイムの映像を確認することが出来ます。

前側方警戒アシスト

フロントビューモニターが表示されている時に、見通しの悪い交差点などに差し掛かった場合、前側方の横断車両を認知し、フロントビューモニターの映像内にインジケーターで通知を行ってくれます。

スマートリヤビューミラー

リヤのゲートガラスに取り付けられているカメラの映像を、ルームミラーに表示してくれます。これによって、後部座席に荷物を積んでいて、後方視界が悪いといったことが起きにくくなります。

アイサイトX

渋滞時ハンズオフアシスト

自動車専用道路にて0~50km/hで走行中に、一定の条件を満たすと、ステアリングから手を離すことが出来ます。

 

渋滞時発進アシスト

自動車専用道路にて渋滞中、ドライバーが前方を見ているといった条件が揃うと、スイッチ操作を行わずとも車両が発進します。

カーブ前速度制御

自動車専用道路を走行中、進入するカーブの曲率に応じて、適切な速度に車が自動で制御してくれます。
ツーリングアシストの運転支援機能を入れていても、車速を適切な速度に減速してくれるため、安心して継続的にツーリングアシストの運転支援機能を使用することが出来ます。


料金所前速度制御

高速道路走行時に、料金所に差し掛かった際には、ETCゲートを安全に通過できる速度まで、自動で減速します。
通過後はセットしている車速まで自動で加速を行います!!
これにより、ツーリングアシストの運転支援機能を入れたまま料金所をスムーズに通過することが可能です。

アクティブレーンチェンジアシスト

自動車専用道路を高速走行中(約70~120km/h)に、ドライバーが方向指示器を操作した際に、システムが作動可能となった場合に、ステアリング操作を制御して、車線変更のアシストを行います。

ドライバー異常対応システム

ツーリングアシストが作動中に長時間ステアリングから手を離している、渋滞時ハンズオフアシスト作動中にわき見や居眠りをしているとシステムが判断した場合には、車が警告を行います。
それでもステアリングを握っていないとシステムが判断した場合には、徐々に減速してハザードランプやホーンで周囲に異常が発生していることを知らせます。そして、停止後には全ドアのロックを解除します。

 

こういった非常に高い先進安全技術であるアイサイトですが、アイサイト搭載車の追突事故発生率は、非搭載車の追突事故発生率より84%も減少しています。

アイサイトは、人の目と同じように距離測ることが可能であるため、非常に性能が高く、安全なお車になっています。

アイサイトを搭載して、スバル車の中で最も評価が高かったのがレヴォーグです!!

ステーションワゴンとして、高い人気を誇っています♪

オフロードにおける高い走行性能、水平対向エンジンによって、滑らかで力強い走行を楽しむことが出来ます!!

後部座席も余裕をもって乗ることができ、乗員全員がドライブを楽しむことが出来ます!!

そんなレヴォーグの数値ですが、総合評価186.91点と超高得点になっています!!

予防安全性能評価と事故自動緊急通報装置にて満点評価を得ているだけでなく、衝突安全性能評価においても、96.91点と超高得点を出しています。

超高得点を出しているレヴォーグは、総合評価が最高得点であった車に送られるファイブスター大賞のを2020年度に受賞しています!
これは、レヴォーグが2020年の日本で最も安全な車であるという事になります♪

走行性能が高く、安全性能も文句のつけようのない数値であり、後部座席も余裕をもって乗れることから、ファミリーカーとしても高い人気誇っています♪

SUVなどが高い人気を誇るメーカー「三菱」!!
高い人気の根幹は先進安全技術なのか?


最後は三菱自動車の先進安全技術をご紹介していきます。

三菱の先進安全技術はe-Assistという技術になります!!

車ごとに搭載されている技術は違いますので、今回はアウトランダーのものをご紹介していきます!!

また、三菱は元々、SUVやモーターレースに出るような、大型の自動車の製造に定評があり、非常に丈夫なお車を多く作っている事でも有名です。

 

それでは、e-Assistのご紹介を行っていきます。

 

標識認識システム

走行中にシステムが標識を自動で認識し、インフォメーション画面とヘッドアップディスプレイに制限速度などを表示してくれます。

ふらつき警報

ドライバーのハンドル操作から、注意力が低下してきていたり、ふらつきを認識すると、警報音によって注意を促してくれます。
さらにインフォメーション画面に休憩を促すメッセージを表示します。

前方衝突予測警報

前方、前々方の車輌の車間距離・速度を認識、そして自車からは認識し難い前々方車の急減速等を認識した場合に、警報音とインフォメーション画面表示によってドライバーに注意を促してくれます。

車線逸脱警報システム&車線逸脱防止支援機能

走行中に車両が車線逸脱しそうになった場合に、インフォメーション画面表示とハンドル振動によって注意を促します。
それに加えて、ブレーキが短時間自動で制御され、車両を車線内に戻すサポートを行ってくれます。

衝突被害軽減ブレーキシステム

前方の車輌や歩行者を認識し、前方車の急減速や、歩行者の飛び出しによって衝突の危険があると、システムが判断した際に、ブレーキ制御を自動的に行い、衝突回避及び、衝突被害軽減をサポートしてくれます。

後方車両検知警報システム

隣接車線の後方接近車を認識し、ドアミラーの点灯で、知らせてくれます。さらに、隣接車線の後方接近車に気づかず、車線変更のためのウインカーを出すと、警報音とインフォメーション画面表示を行って注意を促してくれます。

後側方衝突被害防止支援システム

隣接車線の後方接近車に築かず、車線変更にかかるウインカーを出すと、車両が車線内に戻れるように、ブレーキ制御を行ってくれます。

後退時車両検知警報システム

駐車場などで、後退して出庫を行う際に接近車両を認識すると、警報音とドアミラーインジケーターの点滅によって、ドライバーに注意を促してくれます。

踏み間違い衝突防止アシスト

前進時には壁などの障害物、歩行者、先行車などを検知、後退時には壁などの障害物を検知し、踏み間違い等によってアクセルペダルを強く踏み込んだ場合に、警報音とインフォメーション画面表示によってドライバーに注意を促してくれます。さらに、モーター出力を自動で抑制、さらにブレーキ制御を作動させて、衝突回避及び、衝突被害軽減をサポートしれくれます。

※これらの機能は「アウトランダー」に搭載されている「e-Assist」の機能です。

その他にも基本安全性能も高くなっています!

ドライバーの疲労を軽減してくれるマイパイロットなど数多くの先進技術があります。
マイパイロットは非常に高い技術であり、以下のようなことを行ってくれます。
・前方車との車間距離を設定された距離に保つ。
・設定された速度で走行を続ける。
・車線中央を維持できるように、サポートしてくれます。

こういった先進技術以外にも、ドライバーの事を考えた、細かいところまでのこだわりも多くあります!!

イーアシストを搭載している、ミツビシ車で最も評価が高かったのがアウトランダーPHEVです!

ミツビシ車の現在新車販売中のお車で、最も多く売れているお車がアウトランダーPHEVです。

日本においても高い人気を誇っているアウトランダーPHEVですが、世界ではさらに高い人気を誇っています!!

上記の通り、非常に高い評価を受けています!!

予防安全性能評価と事故自動緊急通報装置は満点を獲得♪

衝突安全性能評価においても、86点と余裕をもってのAランク入りを果たしています。
本格的なSUVとして、世界で人気を集めている理由はこういった、見た目などの派手さにとらわれない、先進安全技術の高さが影響していると言えそうです!!

結局どこのメーカーの先進安全技術がNo.1なの?


本記事で紹介した自動車メーカー4社は全て高い先進安全技術を有しています。

4社ともファイブスター賞を受賞している車を有しており、確かな技術力を証明していますが、その中でも優劣をつけるのならば、以下の順位になります。

第1位🥇 スバル アイサイト  👑
第2位🥈 トヨタ Toyota Safety Sense
第3位🥉 三菱  e-Assist
第4位  マツダ i-ACTIVSENSE

※順位付けは最も数値の高かったお車で比較をしたものです。

第1位はスバルのアイサイトでした!!

2020年度の「ファイブスター大賞」を受賞しているため、当たり前のようにも感じますが、スバルの先進安全技術の凄いところは2020年の「レヴォーグ」だけではありません。

2021年度の「ファイブスター大賞」も受賞しているんです!!
「レガシィ アウトバック」
にて総合得点185.02点とレヴォーグに迫る評価を受けています。

2年連続で最高評価を受けているという事実からも、現状最も先進安全技術が高い自動車メーカーはスバルであると言えます!!

ですが決してトヨタ、三菱、マツダの3社の先進安全技術が低いとうわけではありません!!
現状少しだけ、スバルの先進安全技術が高い安全性を誇っていますが、今後入れ替わる可能性は大いにあります

さらに現在の自動車業界は100年に一度の大変革期と言われている通り、目まぐるしく技術が進歩しています。
そのため、ファイブスター大賞を獲得した車であっても、新しい車の方が安全性能も高いという事もあります♪

まとめ


リバティでは、人気メーカーが作る、先進安全技術が高いお車の新車、未使用車、中古車を取り扱っています!

さらに、これらのお車以外の軽自動車、普通車も多数取り扱っています。
リバティではそんな普通車・軽自動車共に“未使用車・新古車を含めて多数取り扱っております🚙

在庫はオールメーカー約3000台揃えております!!
きっとあなたの気に入る車も見つかります♪♪

熱い心を持ったスタッフが誠心誠意ご対応させて頂きます。
是非お近くのリバティにご来店下さいませ!

また、取り扱いのある車種や在庫情報が気になる方は、下記のURLよりお問い合わせ、ご来店予約をお願い致します!


▼お問い合わせはコチラから!!▼

お問い合わせファーム

▼ご来店予約はコチラから!!▼

来店予約ファーム

▼未使用車・新古車の在庫情報はコチラから!!▼

在庫情報「未使用車・新古車」


以下で安全技術が高いお車の在庫紹介を行います!

トヨタ ハリアー G ディスプレイオーディオ

初度登録:令和4年 (2022年)
走行距離:3km
ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン
在庫店舗:松原天美店
保証:あり
修復歴:なし
排気量:2000cc
車両本体価格:399,9万円


▼トヨタ「ハリアー」の在庫情報はコチラから!!▼

在庫情報「ハリアー」

▼トヨタ「ハリアー」の関連情報はコチラから!!▼

関連情報「ハリアー」

マツダ CX-520S 6AT

初度登録:令和2年 (2020年)
走行距離:18,903km
ボディカラー:チタニウムフラッシュマイカ
在庫店舗:松原天美店
保証:あり
修復歴:なし
排気量:2000cc
車両本体価格:239,9万円


▼マツダ「CX-5」の在庫情報はコチラから!!▼

在庫情報「CX-5」

▼マツダ「CX-5」の関連情報はコチラから!!▼

関連情報「CX-5」

スバル レヴォーグ1.6GT-S EyeSight 4WD

初度登録:平成27年 (2015年)
走行距離:23,002km
ボディカラー:ギャラクシィブルーシリカ
在庫店舗:神戸店
保証:あり
修復歴:なし
排気量:1600cc
車両本体価格:169,9万円



▼スバル「レヴォーグ」の在庫情報はコチラから!!▼

在庫情報「レヴォーグ」

▼スバル「レヴォーグ」の関連情報はコチラから!!▼

関連情報「レヴォーグ」

三菱 アウトランダー PHEV G Safetyパッケージ 4WD

初度登録:平成28年 (2016年)
走行距離:36,667km
ボディカラー:ブラックマイカ
在庫店舗:神戸店
保証:あり
修復歴:なし
排気量:2000cc
車両本体価格:236,9万円


▼三菱「アウトランダー」の在庫情報はコチラから!!▼

在庫情報「アウトランダー」

▼三菱「アウトランダー」の関連情報はコチラから!!▼

関連情報「アウトランダー」


弊社の在庫は届出済未使用車という名称を用いております。

届出済未使用車とは、製造されただけのお車で、一般の方が乗られたり、一般道を走ったりしていないお車となります。
一昔前までは「新古車」という名称が一般的でしたが、自動車公正競争規約により「新古車」という言葉を用いることが禁止されました。
新古車は、新車と混合しご検討されている方に誤解を与えかねない、というのが理由です。
現在は 誰も使用していない 車=未使用 車 ということで、全国の販売店でほぼ統一されています。
認識としては、未使用車=新古車という認識で構いません。

未使用車の中でも、
普通車=登録済未使用車
軽自動車=届出済未使用車
となります。

京都・滋賀・大阪で軽販売台数No.1!!
オールメーカーの届出済未使用車が在庫3000台!!
整備・車検・鈑金・保険・レッカーもすべてお任せ下さい!!
軽自動車を買うならリバティへ♪


【京都】
・京都久御山本店
 〒613-0024 京都府久世郡久御山町森大内333
 TEL:0120-25-3440
・精華店
 〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台1丁目5-2
 TEL:0120-05-3440
・R171店
 〒601-8204 京都府京都市南区久世東土川町185-1
 TEL:0120-79-3440
【滋賀】
・栗東店
 〒520-3042 滋賀県栗東市辻480-2
 TEL:0120-54-3440
・大津店
 〒520-0822 滋賀県大津市秋葉台6-5
 TEL:0120-16-3440
・彦根店
 〒522-0038 滋賀県彦根市西沼波町163-1
 TEL:0120-01-3440
【大阪】
・高槻店
 〒569-0034 大阪府高槻市大塚町5丁目3-3
 TEL:0120-04-3440
・八尾店
 〒581-0023 大阪府八尾市都塚4丁目45-1
 TEL:0120-04-3440

・堺大泉緑地前店
 〒591-8022 大阪府堺市北区金岡町2846-1
 TEL:0120-20-3440

・松原天美店
 〒580-0032 大阪府松原市天美東4丁目303-1
 TEL :0120-28-3440

【三重】
・津店
 〒514-0831 三重県津市本町33-38
 TEL : 0120-38-3440
【神戸】
・神戸店
 〒657-0856
 TEL : 0120-45-2345