スタッフブログ

車の査定でだいたいの金額を知る方法!高値を狙うポイントも解説

投稿日 2024.5.12
2024.5.12
libertynet

車のおもちゃと計算機と虫眼鏡
車の査定でだいたいの金額を知る方法と高値を狙うポイントを紹介

車を売却するには査定が必要です。売却を決めた場合は、買取業者に連絡し、査定を依頼しなければなりません。しかし、売却は決定事項ではなく、自分の車の価値を知りたいだけの方もいるのではないでしょうか。

この記事では、自分の車がだいたいどれくらいの金額かを調べる方法を紹介します。大まかな査定額が分かれば、より良い業者を選択できるでしょう。高値を狙うポイントも紹介しますので、参考にしてください。

目次はコチラ

車の査定でだいたいの金額が分かるWebサイト

パソコンを操作する若い女性
車の査定でだいたいの金額が分かる5つWebサイトを紹介

今すぐ売却するつもりはなくても、愛車にどのくらいの価値があるのかは知っておきたい人もいるでしょう。

しかし、個人情報を入力して正確な金額を出してもらうのではなく、目安としてだいたいの金額を知りたい場合もあります。ここでは、だいたいの査定額が分かるWebサイトを紹介します。

中古車販売店の公式サイト

だいたいの査定額を知りたい場合、中古車販売店の公式サイトで同車種の買取実績や価格相場表をチェックするのがおすすめです。

愛車と同じくらいの年式および走行距離の車両が、どのくらいの価格で売却されているかが分かれば、査定額の目安になるでしょう。

個人情報を入力して査定するのではなく、すでにある情報と照らし合わせる方法のため、簡単に調べられます。

メーカーの下取りシミュレーション

新車への買い替えを検討している方は、メーカーの下取りシミュレーションを参考にするのもおすすめです。例えば、トヨタ自動車や日産自動車の公式サイトには、下取り参考価格シミュレーションがあります。

下取りしてほしい車の「メーカー」「車名」「年式」などを選択していくと、車種自体の下取り価格が表示されるシステムです。

一括査定サイト

複数の業者の査定金額を見て比較したいのであれば、一括査定サイトがよいでしょう。個人情報を入力する必要があるため、査定に申し込むと複数業者とのやりとりが発生します。

やりとりが面倒ではない人にとっては、一度の入力で複数業者に依頼できることや査定額の比較ができることなどが大きなメリットです。

オークションサイト

個人売買ができるオークションサイトでは、自分の車と似た条件の車両の買取実績を確認できます。入札されている車両、または落札された車両の価格をチェックすると、だいたいの市場価値が分かるでしょう。

また、中古車販売店の公式サイトで調べた金額が低めでも、オークションサイトであれば一部のマニアから人気の車種もあります。高値で売却できる可能性もあるため、オークションサイトの実績チェックも重要です。

車比較・まとめサイト

だいたいの目安価格を知りたい場合は、車比較サイトやまとめサイトの情報を参考にするのもよいでしょう。すでに査定額がまとめられたサイトであれば、どのような車の価値が高いかが解説されていることもあります。

注意点としては、自分の車に似た条件の車種が紹介されていない場合があること、情報が古い場合があることです。知りたい内容が最新で紹介されているサイトであれば、参考にできるでしょう。

車の査定でだいたいの金額を知りたい場合に個人情報は必要?

正確な査定額ではなく、だいたいの金額を知りたいのであれば、個人情報の登録は必要ありません。メーカーや車種、年式、走行距離などの車両情報を入力するだけで大まかな金額が分かります。

一方、しっかりと査定してもらいたい場合には個人情報が必要です。査定では車の状態を見てもらうため、業者と連絡を取れるように電話番号や住所などを入力します。

だいたいの金額は目安のため「売却を決めた」「下取りを依頼したい」のであれば、実車の査定を依頼するとよいでしょう。

車の査定でだいたいの金額を調べる場合に注意すること

スマートフォンの画面を眺める若い男性
車の査定でだいたいの金額を調べるときの注意点を紹介

Webサイトやシミュレーションなどで提示された査定額は、だいたいの金額です。実際は、車の状態やオプションの有無などにより、金額が変動することを考慮しましょう。ここでは、大まかな査定額を調べるときに覚えておきたいポイントを2点紹介します。

下取りと買取の金額の違い

買取は中古車を売却するだけの取引を指します。主に、新しく車を購入する予定のない人や、中古車を購入する予定の人が選ぶ方法です。

一方、新車への乗り換えを検討している人は、ディーラーに下取りを依頼します。下取りは、売却と購入の手続きを同時にできることがメリットです。

しかし、ディーラーは買取店とは違って新車の知識は豊富ですが、中古車に関する知識や経験が浅いこと、在庫を抱えやすいことなどのデメリットがあります。そのため、下取り金額が買取価格を上回ることはほとんどありません。

実際の査定額との違い

Webサイトでチェックした査定額は、車種や年式、走行距離などのデータのみで算出された金額です。業者による査定ではそこに車の汚れやパーツの劣化などが加味されるため、金額が低くなる可能性もあります。

売却時期やオプションの有無、流通台数が少ない車種・グレードなどによっても金額が変動するため、実査定と違いが出ることを理解しておきましょう。

正確な車の査定額を調べる方法

車を査定するビジネスマン
車の査定でだいたいの金額ではなく正確な金額を知る方法を紹介

だいたいの査定額ではなく正確な査定額を知りたいのであれば、車を査定依頼に出す必要があります。

査定に出すと買取業者が実車の劣化や汚れ、傷などをチェックしてくれるため、車本来の価値が分かるでしょう。ここでは、正確な査定額を調べる方法を2種類紹介します。

出張査定

出張査定は、自宅や駐車場などの指定した場所に査定士が出向いて査定するサービスです。車を買取店に持ち込まずに済むため、行く手間を省きたい場合や車検が切れている車を売却したい場合に向いています。

予約が必要になるため、日程の調整が必要です。すぐに売却したいときはデメリットになるでしょう。

持ち込み査定

持ち込み査定は、車を買取店に自分で持ち込み、査定してもらうサービスです。事前に予約しなくても、営業時間内であればその場で査定してくれます。

しかし、複数の業者に持ち込み査定を依頼するのは大変です。業者の選択肢は減りますが、納得できる査定額が提示されればその場で契約も可能です。

車の査定額が変動する要因

2体のミニカーと棒グラフ
車の査定額が変動する要因を7つ紹介

車の査定額は、車種や車の状態に加えて売却時期やオプションの有無、車の人気度、年式、走行距離、修復歴などのさまざまな要因で変動します。変動する要因を詳しく知っておけば、事前に対策ができるでしょう。

ここでは、車の査定額が変動する要因を詳しく紹介します。

売却時期

査定額の変動は、車の売却時期も関係します。1月~3月と7月~9月は中古車需要が高まる決算期です。決算期を見越して12月~1月、6月~7月頃に売却すれば、車種の人気度や需要によっては査定額が上がる可能性もあるでしょう。

車検が残っている場合は、残存期間に応じてプラス査定されます。車検が切れる直前よりは、少し早めの売却がおすすめです。

また、売却予定の車種がフルモデルチェンジした後は、乗り換える人が増えるため中古車在庫が増えます。在庫が増えて需要が減ると価値が下がるため、査定額も上がりにくくなるでしょう。

車種やグレード

車種やグレードは、査定額に大きな影響を与えます。新車価格が高い高級車や装備が充実しているハイグレードモデルなどは、中古車人気が高いため査定評価も高い傾向です。

一方、中古車市場に多く流通している車や不人気車は、価格が下がります。査定に出す際は、愛車の車種やグレード、人気などを把握しておくとよいでしょう。

年式や走行距離

同じ車種・グレードでも、年式や走行距離によって査定額は変動します。年式は車両登録(届出)したタイミングで決まります。そのため、年式が新しく、使用期間の短い車両のほうが査定額は高額です。

車は経年や走行すればするほどパーツが消耗・劣化するため、走行距離の長い車よりも走行距離が短い車のほう高額査定につながる傾向にあります。

総走行距離が10万kmを超えた車は「過走行車」になるため、希少車や人気車でない限り、高額査定額は難しいかもしれません。

車のカラーや状態

車種やグレードだけではなく、ボディカラーや車両の状態も査定額が変動する要因のひとつです。白や黒、シルバーなどの人気カラーは中古車需要が高いため、買取価格が高くなります。

また、エクステリアやインテリアの状態も重要です。ボディに傷やへこみがある場合は、修理が必要になることから査定額が下がります。シートに汚れがある場合やペット・たばこの臭いがする場合にも清掃費用がかかるため、減額されるでしょう。

修復歴

事故や災害などにより車の骨格に損傷を受けた修復歴車は、査定額が下がります。一見きちんと修理されていても、走行中に不具合が出る可能性が否定できないためです。

中古車販売店でも修復歴車は人気がないため、査定額はだいたいの金額より大幅に下がることを覚悟しておきましょう。

付属の書類

車の売却に必要な書類の有無は、査定額の変動に関係します。主な付属書類は自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書、リサイクル券、定期点検整備記録簿です。

整備記録が記されている定期点検整備記録簿はあると有利になるため、しっかりと用意しておきましょう。

メンテナンスノート(保証書+定期点検整備記録簿)と取扱説明書、スペアキーなどもあれば査定額が上がります。

純正オプション

車に装着されたメーカーオプションも査定額に関係します。メーカーの純正オプションは、製造時に取り付けることから後付けができません。そのため、純正オプション付きの車両は評価が高査定いつながる傾向にあります。

後から取り付けられる社外品は評価を受けにくいため、査定額に影響するのは純正オプションのみです。

車のだいたいの査定額でも高値が狙えるポイント

ミニカーと計算機とカレンダー
車のだいたいの査定額よりも高値を狙うポイントを解説

自分の車がどのくらいの査定額か分かったことにより、売却を決める方もいるでしょう。しかし、実際は想定する金額よりも低いことが大半です。

高く買取ってもらうためには、どのような点に注意したらよいのでしょうか。ここでは、だいたいの査定額よりも高値を狙うポイントを紹介します。

複数の業者に依頼する

高値での買取を狙うのであれば、1社だけではなく複数の業者に査定を依頼できる一括査定サービスを活用しましょう。複数の業者に依頼すると、それぞれの査定額を比較できるため、より高い価格で取引できる業者を選べます。

複数の業者に依頼できるため、1社ずつ申し込む手間がかからないことがポイントです。

車を清潔な状態にする

査定に出す前は、できるだけ車をきれいにしておきましょう。掃除の有無で査定額が変動するわけではありませんが、車外・車内共にきれいであれば査定士に良い印象を与えられます。

車が汚れていると、日頃のメンテナンスができていないと判断されることもあるため、なるべく清潔な状態にしてから査定を受けましょう。

売却のタイミングを見極める

査定に出す時期を見極めるのも、高値を狙うポイントです。中古車販売店の決算期の前に加え、走行距離が5万kmまたは10万kmの大台に乗る前、費用がかかる車検前などの時期を狙うとよいでしょう。

走行距離が一定の基準を超えると、査定額が大幅に下がります。また、車検の残存期間はプラス査定になるものの車検費用分以上にはならないため、査定前に車検を受ける必要はありません。

「リバティ」で車をお得に買い替えしよう!

リバティ 津店
自動車の大型専門店「リバティ」ならお得に買い替えができる

車の買い替えを検討しているのであれば、新車、登録(届出)済未使用車、中古車を取り扱う総合販売店「リバティ」がおすすめです。

リバティは中古車を高額で下取りしています。購入とともに売却ができるため、手間がかからないこともメリットです。ここでは、リバティで車をお得に買い替えできる理由を紹介します。

高額下取りと中古車価格の安さで買い替えに最適

リバティは、新車と登録(届出)済未使用車を含む中古車を関西と四国17店舗で展開しています。店舗総在庫4,000台もの車を用意していますので、お気に入りの1台が見つかるでしょう。

乗り換えを検討されている方は、下取りをご利用ください。リバティの下取りは、買取専門店よりも高額です。数多くの車を仕入れることで大量販売し、1台当たりの価格を下げているため、乗り換えの際は高額の下取りと低価格での購入ができます。

サポートの充実で購入後も安心

リバティは、充実のアフターメンテナンスとアフターサポートを用意しています。中古車も新車と同様の有料保証が付けられるため、万が一のトラブルでもメーカー保証が適用されます。

リバティの店舗には最新の最大整備工場を備え、プロのメカニックが常駐しているためアフターサポートも万全です。

自動車保険の代理店でもあるため、自動車保険のスペシャリストが最適な提案をし、万が一のときには事故対応にも当たります。安心してご購入いただける環境を整えておりますので、ぜひご利用ください。

まとめ

ドライブを楽しむカップル
車の査定はだいたいの金額を調べられるものの、査定を受けるまでは正確な金額は分からない

車の売却が決まっていなくても、Webサイトや下取りシミュレーションなどでだいたいの金額が分かれば、売却時期の目安が立てられます。

売却には下取りと買取があり、高い査定額を期待できるのは買取です。また、

一括査定で複数業者に査定を依頼することでより高値を狙えるでしょう。

リバティは、買取専門店よりも高額で下取りします。販売している新車・中古車も大量に仕入れることで価格を下げているため、買い替えもお得です。愛車の売却をお考えの方は、ぜひリバティをご利用ください。

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述