スタッフブログ

車買取におけるタイヤの査定ポイントを解説!スタッドレス装着時も査定可能?

投稿日 2024.6.10
2024.6.10
libertynet

車の査定を行う査定士
車の買取にはタイヤも影響します

車を買い替える際、少しでも高く下取りに出したいと考える人が多いでしょう。車の買取でタイヤの状態も査定額に影響します。そこで今回は、車の買取時に知っておきたいタイヤやその周辺部品の査定ポイントについて詳しく解説します。タイヤの種類や状態によって査定額はどう変わるのか、タイヤを別で売却する場合の注意点について触れています。車の買い替え時の参考にしてください。

目次はコチラ

車の買取でスタッドレスタイヤ装着は?

雪の上のスタッドレスタイヤ
買取にはスタッドレスタイヤ装着でも可能

車の買取時には、タイヤの状態が査定額に影響を与えるポイントの一つとなります。特にスタッドレスタイヤを装着したまま下取りに出す場合、どのような点に注意が必要なのでしょうか。ここでは、スタッドレスタイヤ装着時の査定額への影響や、タイヤの溝の深さ・製造年月の重要性などについて解説します。

スタッドレスタイヤ装着時の査定額への影響は少ない

スタッドレスタイヤを装着したまま車を下取りに出すことは可能です。そして、査定額への影響は少ないといえます。なぜなら、ディーラーや買取業者は、タイヤの溝の深さや製造年月などの状態を重視するからです。

とはいえ、スタッドレスタイヤは需要が限られるため、もし査定に出すのであれば純正のホイールのついた夏タイヤも同時に査定に出すことをおすすめします。

タイヤの溝の深さや製造年月が査定の重要ポイント

タイヤの溝の深さや製造年月は、車の買取査定において重要なポイントとなります。例えば、溝の深さが1.6mm未満の場合、車検に通らないため、査定額は大幅に下がってしまうでしょう。また、製造年月が古いタイヤは、ゴムの劣化が進んでいる可能性が高く、減点対象となります。

逆に、溝が深く、製造年月が新しいタイヤは、査定額アップにつながる可能性があります。タイヤは消耗品ですが、適切なメンテナンスを行い、良い状態を保つことが、車の売却時には重要です。

純正ホイールやスペアタイヤなどの有無も査定額に影響

純正ホイールやスペアタイヤ、車載工具セットの有無も、車の買取査定額に影響します。例えば、純正ホイールがそろっていれば、査定額がアップする可能性が高いでしょう。逆に、純正ホイールが欠品していたり、社外ホイールに交換されていたりすると、査定額は下がる可能性があります。

車の売却を考える際は、タイヤだけでなく、純正ホイールやスペアタイヤ、車載工具セットの有無もチェックしておきましょう。

夏用タイヤも同時査定すると査定アップにつながる

夏用タイヤも一緒に査定に出すことで、買取額がアップする可能性があります。例えば、スタッドレスタイヤを装着したままの車と夏用タイヤを同時に査定に出すことで、トータルの査定額が上がる可能性があります。特に、夏用タイヤの溝が深く、製造年月が新しい場合は、プラス査定になりやすいでしょう。

ただし、タイヤのサイズやブランドによっても査定額は変動します。車の買取を検討する際は、スタッドレスタイヤだけでなく、夏用タイヤの状態もチェックしておくとよいでしょう。

タイヤの種類やブランドによる査定額の違いは?

並べられたタイヤの表面
タイヤはブランドによる買取価格がある

車の買取時には、タイヤの種類や状態が査定額に大きな影響を与えます。ここでは、タイヤの種類による査定額の違い、タイヤのサイズやブランドが与える影響などについて詳しく解説します。車の買取時のタイヤの査定ポイントを押さえておくことで、より高額な査定を得ることができるでしょう。

タイヤの種類による査定額の違い

スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、サマータイヤでは、査定額に違いがあります。一般的に、スタッドレスタイヤの査定額はサマータイヤよりも低くなる傾向にあります。

というのも、スタッドレスタイヤの需要が地域によって限定的であることや、使用期間が短いことが理由です。一方、オールシーズンタイヤは、年間を通して使用できるため、査定額はサマータイヤとスタッドレスタイヤの中間程度になることが多いです。ただし、タイヤのブランドや状態によっても査定額は大きく変動するので、一概には言えません。

タイヤのサイズやブランドが査定額に与える影響

タイヤのサイズやブランドも、査定額に大きな影響を与えます。例えば、「18インチの有名メーカーのタイヤ」と「14インチの知名度の低いメーカーのタイヤ」では、査定額に違いがあるでしょう。また、タイヤのサイズが車種に合っていないと、査定額が下がる可能性もあります。

タイヤ選びは、車の売却時の査定額にも関わる重要なポイントといえるでしょう。

スタッドレスタイヤを別で売却する場合の注意点

タイヤが積まれた倉庫
スタッドレスタイヤを別で売約する場合は注意点がある

車の買取時にスタッドレスタイヤを別で売却する場合、いくつかの注意点があります。需要が高まる時期に売るのがおすすめですが、タイヤの買取専門店や中古タイヤ販売店の情報収集も大切です。また、スタッドレスタイヤの適切な保管方法や手入れ方法を理解しておくことで、買取時の査定額アップにつながる可能性があります。以下では、これらの点について詳しく解説します。

タイヤの需要が高まる時期に売るのがおすすめ

スタッドレスタイヤを別で売却する際は、需要が高まる時期に売るのがおすすめです。冬本番を前にした11月から12月にかけては、スタッドレスタイヤの需要が高まります。

一方、春先の3月から4月にかけては、スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換時期となるため、需要が低下します。タイヤの状態が良ければ、需要期に高値で売却できる可能性が高いでしょう。

タイヤ販売店の情報を収集する

タイヤの買取専門店や中古タイヤ販売店の情報を事前に収集しておくことも大切です。インターネットで検索したり、知人に聞いたりして、タイヤの買取を強化している店舗や評判の良い店舗を探してみましょう。

専門店では、タイヤの状態をしっかりと見極めた上で、適正な価格で買い取ってくれます。また、中古タイヤ販売店に持ち込めば、その場で買取価格を提示してくれるところもあります。複数の店舗で査定を受けることで、より高値で売却できる可能性が高まるでしょう。

スタッドレスタイヤの保管方法や手入れ方法を理解する

スタッドレスタイヤを長持ちさせるには、適切な保管方法と手入れが欠かせません。まず、タイヤを外したら、水で汚れを洗い流し、十分に乾燥させましょう。保管は、直射日光や高温多湿を避け、涼しく乾燥した場所が劣化を防げます。

また、タイヤラックの使用で、重ねて積んだときの変形を防止できます。ひび割れや損傷がないか、こまめに点検しておくことも大切です。正しいメンテナンスで、スタッドレスタイヤを長く使えば、買取時の査定額アップが期待できるでしょう。

タイヤ交換のタイミングと車の売却時期の調整

タイヤ交換のタイミングと車の売却時期の調整は、査定額アップのカギとなります。例えば、スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換時期が近づいている場合、タイヤ交換をしてから売却するのも一つの手。純正のホイールのついた夏タイヤで査定に臨めば査定額アップも期待できるでしょう。ただし、交換したタイヤの劣化が進んでいる場合は高額査定につながらない場合もあるでしょう。

その他の付属品が査定額に与える影響

車載オーディオ
タイヤ以外に車の付属品も車の査定に影響する

車の買取時には、タイヤだけでなく、その他の付属品も査定額に大きな影響を与えます。ここでは、車の付属品にあたるカーナビや純正エアロパーツ、オーディオ機器などの付属品に焦点を当て、それらが査定額にどのように影響するのかを解説します。また、付属品の状態や年式が査定額を左右する要因についても触れ、取り外して別売りするという選択肢のメリットとデメリットについても考えてみましょう。

純正付属品は査定額アップ

カーナビや純正エアロパーツ、純正ホイール、純正オーディオ機器などの付属品は、車の査定額アップに大きく貢献します。特に、純正品のオーディオなどは、買取業者にとって魅力的な存在です。ただし、付属品の傷や汚れが目立つ場合は、査定額への影響は少ないかもしれません。また、社外品の部品を取り付けている場合は純正品を一緒に出すことで買取査定アップにつながる可能性があります。

その他、車のメンテナンスを記録しているメンテナンスブック、車やオーディオ、ナビの取扱説明書もきれいな状態で保管しておくと印象もよいでしょう。

付属品の状態や年式が査定額に与える影響

車の付属品の状態や年式は、査定額に大きな影響を与えるものです。最新モデルのカーナビや高級オーディオ機器などの付属品は、査定額のアップが期待できます。付属品が最新で良好な状態であれば、車の価値を高めることができるでしょう。

一方で、古い型式や故障している付属品は、査定額にマイナスの影響を与える可能性があります。ただし、古い型式の付属品でも、日頃から丁寧に使用されていて、故障部分がなければ査定にプラスになる可能性もあります。

総合的に見ると、付属品の状態と年式が良好であれば、査定額の向上が期待できます。車の付属品も状態を良好に保つことが高額査定につながるでしょう。

付属品の取り外しや別売りの選択肢

付属品を取り外して別売りするのも一つの選択肢ですが、それぞれ扱う業者が異なる場合があり、車と一緒に売却する方が、トータルでの査定額アップにつながるケースが多いです。

例えば、純正のアルミホイールやスペアタイヤ、車載工具セットなどは、車と一緒に売却することで、買取業者に「この車は大切に扱われていた」という印象を与えることができます。そのため、これらの付属品は、可能な限り車とともに売却しましょう。

一方で、純正ではない高価な改造パーツなどは、別売りすることで高額査定が期待できる場合もあります。ただし、取り外しの際は車内装への影響に十分注意が必要です。

付属品は、状態と車の価値を考慮しながら、車と一緒に売却するか別売りするかを判断することが重要です。

車買取ならリバティへ!

リバティ 尼崎店の展示車
車の買取も販売もリバティに相談を

車の買取を検討する際、タイヤの状態は査定額に大きな影響を与えます。スタッドレスタイヤを装着したまま売却することも可能ですが、溝の深さや製造年月などがポイントとなるでしょう。ここからは、中古車買取のプロであるリバティが行っている、お客さまに満足いただける査定の取り組みについてご紹介します。

中古車販売店だから高価買取

リバティは、関西地域を中心に18店舗を展開する中古車販売店です。中古車の高価買取に定評があり、オークション相場に近い価格で車の買い取りが可能です。リバティの強みは、中古車販売店としての豊富な経験と知識です。中古車の適正な価格を見極め、買取額を提示することができます。

また、リバティでは車検やメンテナンス、保険加入など、車に関するサービスも幅広く提供しています。車の売却から次の車選びまで、ワンストップで対応できる点も選ばれる理由です。

豊富な品ぞろえ

中古車販売店のリバティでは、豊富な品ぞろえを誇っています。各地の店舗在庫車総数は5,000台にのぼるため、好みの一台を見つけられるでしょう。軽自動車からミニバン、セダン、スポーツカー、SUVまで、幅広い車種を取りそろえているため、お客さまのニーズに合わせた車選びが可能です。

また、希少車や人気車種、登録済未使用車も取り扱っております。なかなか巡り会えない憧れの一台との出会いがあるかもしれません。

まとめ

タイヤ交換をする女性整備士
タイヤの状態は査定額に影響するため定期的なチェックやメンテナンスをしましょう

車買取の際、タイヤの状態は査定額に大きな影響を与えます。スタッドレスタイヤ装着時のままでも買取査定は可能で、査定に大きく影響はしません。ただし、溝の深さ・製造年月、劣化具合などのチェックポイントがあり、クリアしていないとマイナス査定になる可能性があります。

また、タイヤ以外にも純正ホイールやオーディオ、スペアタイヤ、車載工具セットの有無、なども車買取の査定に影響する部分になるため、そろえておくとよいでしょう。車の価値を最大限に引き出すためにも、売却前にタイヤの状態をしっかり確認しておきましょう。

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述