スタッフブログ

車の買い替え時期は走行距離だけで決まる?判断基準と注意点を解説!

投稿日 2024.6.25
2024.6.25
libertynet

ミニカ-2台と見積書、電卓
車の買い替え時期は走行距離だけが基準ではありません

愛車の買い替えを検討するとき、多くの人は走行距離の10万kmを判断基準として考えます。確かに、走行距離は車の消耗度合いを示すひとつの指標ではあります。
しかし、車種や使用環境、メンテナンス状況によっても差が出てくるため、一概に走行距離だけで判断することは難しいのが実情です。

また、近年は電気自動車やハイブリッド車など、新しい技術を搭載した車両も増えており、従来の基準が当てはまらないケースも出てきています。

そこで本記事では、車の買い替え時期の判断基準について、走行距離以外の要素も含めて詳しく解説していきます。
もう少し愛車に乗り方には長く大切に乗るためのポイント、買い替えを検討している方には賢く買い替えるためのコツなども紹介ししています。ぜひ参考にしてください。

目次はコチラ

車の買い替え時期の目安となる走行距離

10万 kmのオドメーター
車の買い替え時期の主な目安は10万 km

車の買い替え時期を考える上で、走行距離は重要な判断基準のです。一般的に、走行距離が10万kmを超えたあたりが買い替えの目安とされていますが、その理由は何でしょうか?
ここでは、走行距離と買い替え時期の関係について、以下の3つの観点から解説します。

走行距離10万kmと車両の部品

走行距離が10万kmを超えると、消耗品や部品の交換時期が近づきます。例えば、タイミングベルトやウォーターポンプ、ブレーキパッドなどの部品です。これらの部品の中には高額になることもあり、買い替えを検討するきっかけになるからです。

また、交換したくてもメーカーが部品の製造が終了している場合があります。部品探しに時間がかかるケースから買い替えを検討する場合もあります。

走行距離10万kmと車両本体

走行距離が長くなるほど、車の各部分に負担がかかり、故障のリスクも高まります。そのため、無理な運転をしていなくても走行距離が10万kmを超えたあたりで、大きな修理が必要になる可能性が高くなるのです。

走行距離が10万kmは修理費用と新車購入費用を比較して、買い替えを検討する人が増えるタイミングだといえます。

走行距離10万kmと買取金額

走行距離が10万kmを超えると、中古車市場での需要が下がり、買取金額が大幅に下がるといわれています。例えば、走行距離5万kmの車と15万kmの車では、同じ車種・年式・ボディカラー・外観でも買取金額に差が出るケースがほとんどです。

これは、走行距離の長い車は消耗品や部品の交換時期が近づいており、購入後にメンテナンスの必要が想定されるためです。そのため、多くの人は、価値が下がる前に売って、買い替えの準備金に当てたいと考えます。

走行距離以外の車の買い替え時期を判断する基準

ハンドルにもたれて考えている女性
走行距離以外にも年数やライフスタイルの変化など車の買い替えタイミングがある

走行距離だけでなく、車の買い替え時期を判断するさまざまな基準があります。初年度登録からの年数や、車検前・決算期前などのタイミング、個人のライフスタイルや予算、車の状態など、総合的に考える必要があるでしょう。
ここでは、走行距離以外の買い替えの判断基準について、具体的に解説していきます。

初年度登録からの年数

車の平均的な買い替え時期は、初年度登録から7年程度とされています。
この理由は、7年を超えると車検や修理にかかる費用が増加し、買い替えた方が経済的に有利になるケースが多いためです。
また車のモデルチェンジが4年程度のサイクルであるケースが多く、2モデル目で買い替えを検討する人の年数でもあります。

ただし、この目安はあくまで平均的な数値であり、個人のライフスタイルや予算、車の状態によって異なります。
例えば、「子供が生まれたから、もう少し大きな車が必要かな」と感じたタイミングで買い替えを検討するのもひとつの選択肢です。

車検前や決算期前などのタイミング

車検前や決算期前など、ディーラーが買い替えを促進するキャンペーンを実施しているタイミングを狙うのもひとつの選択肢です。
例えば、3月や9月の決算期前には、多くのディーラーが在庫処分セールを行っています。
このタイミングで買い替えれば、値引き幅が大きくなり、お得に新しい車を手に入れられる可能性があるでしょう。

また、車検が近づいてきたら、修理費用と新車購入費用を比較検討してみましょう。
年数が経つと修理や交換も増えるため、車検費用も上がる傾向です。
車検に20万円かかるなら、新車への買い替えを検討する方法もあります。

ライフスタイルの変化に合わせたタイミング

家族が増えたり、転勤で引っ越しをしたり、個人のライフスタイルに応じて、買い替え時期を判断することもひとつのタイミングです。
例えば、「そろそろ子供が生まれるから、もう少し大きな車が必要かな」と感じたタイミングで買い替えを検討するのもひとつでしょう。

また、「この車、まだまだ走れそうだし、愛着もあるから、もう少し乗り続けようかな」と大事に載り続けることもできます。大切なのは、自分の生活スタイルや予算、車の状態を総合的に判断することです。

電気自動車やハイブリッド車の買い替え時期の目安

充電中の電気自動車
ハイブリッド車はバッテリーの寿命も買い替えのタイミングになる

電気自動車やハイブリッド車は、従来のガソリン車とは異なる特性を持っており、バッテリーの性能が車両の寿命に大きく影響します。
そのため、バッテリーの劣化状況を定期的にチェックし、自分の使用状況に合わせて買い替え時期を見極めることが大切です。

新技術の進歩により、バッテリーの寿命や走行距離に対する不安が解消されつつあります。自分のライフスタイルや予算に加え、最新の性能や機能が自分のニーズに合っているかどうかを吟味しましょう。

ハイブリッド車の特性と寿命

電気自動車やハイブリッド車は、従来のガソリン車とは異なる特性を持っています。
バッテリーの性能が車両の寿命に大きく影響するため、バッテリーの劣化状況を定期的にチェックすることが重要です。

ハイブリッド車の技術は日々進歩しており、新しい機能や性能を備えたモデルが次々と登場しています。
そのため、従来は5年ほどだったバッテリーの寿命も現在、10年以上はもつといわれています。ただ、ハイブリッド車には別に補機用バッテリーが必要で、こちらは3年スパンで取り替えが推奨されています。

電気自動車の特性と寿命

ハイブリッド車はエンジンとバッテリーの両方のケアがひつようです。ハイブリッド車のバッテリーの寿命は一般的に5~8年、走行距離にして約10万kmが目安とされています。
ただし、メーカーによって保証期間や交換費用が異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

バッテリー交換時期の把握や適切なメンテナンスを行えば、ハイブリッド車の長期使用が可能です。環境性能と経済性を兼ね備えたハイブリッド車は、これからの時代に適した選択肢といえるでしょう。

新技術の進歩と買い替え時期の判断

新技術の進歩は目覚ましく、電気自動車やハイブリッド車の性能は日々向上しています。例えば、1回の充電で500kmも走れる最新モデルも発表になりました。
こうした技術革新により、バッテリーの寿命や走行距離に対する不安が解消されつつあります。

新しい技術を搭載した車両への買い替えを検討する際は、自分のライフスタイルや予算に加え、最新の性能や機能が自分のニーズに合っているかどうかを吟味することも大切です。

適切なメンテナンスと使用方法で車の寿命を延ばす

車の整備をしている整備士
適切なメンテナンスは車の寿命を延ばせる

買い替え時期を延ばし、愛車と末永く付き合いたいと考えている人もいるでしょう。
走行距離だけでなく、適切なメンテナンスと使用方法も車の寿命に大きな影響を与えます。そのためためには、日頃からの心がけが重要です。

ここでは、定期的な点検とメンテナンスの重要性、運転習慣と車の寿命の関係、そして日常的な注意点について解説します。
車の状態を常に把握し、問題を早期に発見・対処することで、大きな故障を未然に防ぎ、寿命を延ばすことができるでしょう。

定期的な点検とメンテナンスの重要性

定期的な点検とメンテナンスは、車の寿命を延ばすために欠かせません。例えば、エンジンオイルやブレーキフルードの交換、タイヤの点検などです。
これらを怠ると、車の性能が低下し、故障のリスクが高まります。

また、エアコンフィルターの交換や、バッテリーの点検なども、快適な運転環境を維持するために重要です。
定期的な点検とメンテナンスを行うことで、車の状態を常に把握し、問題を早期に発見・対処することができるでしょう。結果として、大きな故障を未然に防ぎ、車の寿命を延ばすことが可能になります。

運転習慣と車の寿命の関係

運転習慣も車の寿命に大きな影響を与えます。
急発進や急ブレーキ、不必要なアイドリングなどは、エンジンや部品に負担をかけ、寿命を縮める原因となります。
一方、スムーズな発進や停止、適切な速度での運転は、車への負担を軽減し、寿命を延ばすことにつながります。

また、短距離の運転の繰り返しは、エンジンが十分に温まらず、燃費が悪化したり、エンジン内部に汚れが蓄積したりする可能性があります。
時々は長距離運転を行い、エンジンを十分に温めることも大切です。
自分の運転習慣を見直し、車に優しい運転を心がけることで、愛車の寿命を延ばしましょう。

車の寿命を延ばすための日常的な注意点

車の寿命を延ばすためには、日常的な注意点にも目を向けることが大切です。
例えば、車内の清掃や整理整頓を心がけることで、車内環境を快適に保ち、部品の劣化を防ぐことができます。

また、車を長期間使用しない場合は、バッテリーを外しておく対策が必要です。
駐車する際は、直射日光や雨風を避けられる場所を選ぶことも重要です。
さらに、燃料は常に一定量以上入れておくようにし、燃料系統のトラブルを防ぎましょう。

このような小さな習慣の積み重ねが、愛車の寿命を維持することにつながるでしょう。

買い替え時の下取り査定を高くするコツと注意点

車の査定をしている査定士
買い替え時の車の下取り価格を高くするコツ

車の買い替え時期は走行距離だけでなく、さまざまな要因を考慮する必要があります。そして、買い替えを決めたときは、誰もが下取り査定額を高くしたいと考えるでしょう。
ここでは買い替え時の下取りを高くするためのコツと注意点を解説します。

日常の手入れや複数業者への査定依頼、交渉のポイントなど、下取り査定を有利に進めるための情報です。

日常の車の手入れと準備

日常の車の手入れは、買い替え時の下取り査定額に大きく影響します。普段から車内外の清掃を心がけ、小さな傷やへこみは早めに修理しておきましょう。
また、車検証や取扱説明書、整備記録簿などの書類は大切に保管しておくことが重要です。

査定時には、タイヤの溝の残り具合や、ブレーキパッドの残量なども確認されます。日頃から点検を怠らず、消耗品の交換時期を守ることで、査定額のアップにつながるでしょう。

複数の買取業者に査定を依頼

複数の買取業者に査定を依頼し、比較検討することは非常に重要です。業者によって査定額には大きな差が出ることがあるのです。というのも、業者によって得意不得意のジャンルがあることや、在庫の状況によって異なるからです。

複数の業者に査定を依頼することで、自分の車の市場価値を把握し、最も高い査定額を提示してくれる業者を選ぶことができます。
また、査定額に開きがある場合は、その理由を尋ねることで、車の状態や人気の度合いを知る手がかりにもなるでしょう。
手間を惜しまず、複数の業者の査定を受けることが、結果的に最も満足のいく取引につながります。

下取り査定時の注意点と交渉のポイント

下取り査定を受ける際は、担当者の言葉に惑わされないようにしましょう。「この車は人気がないので、この価格が限界です」などと言われても、すぐに納得せず、他の業者の査定結果と比較することが大切です。
また、下取り価格の交渉の際は、修理履歴や事故歴について正直に伝えることが重要です。隠していたことが後で発覚すると、信頼を失うだけでなく、査定額が大幅に下がる可能性もあります。

査定額に納得できない場合は、売却を急がず、時期をずらして再度査定を受けるのも方法です。買い替えを焦らず、納得のいく価格で取引ができるよう、冷静に判断しましょう。

リバティは車の買い替えをしっかりサポート

リバティ津店の展示車
リバティなら買い替えもスムーズにサポート

車の買い替え時期を考えたときに車の売却には、信頼できる中古車買取業者やディーラーとの相談が必要になるでしょう。
車の売却に詳しくない、準備に時間が取れない方は、乗り換えがスムーズにできる「リバティ」へご相談ください。
リバティは、中古車販売も行っているため、他店よりも高額な下取り価格を提供することができます。

買取価格に自信

リバティは車の買取と新車・中古車の販売を行う自動車の大型専門店です。また、中古車の買取に自信を持っています。

他店と比べて高額な下取り価格を提供することができるのは、中古車販売の実績と専門知識が豊富なためです。
お客様の車の状態を丁寧に査定し、最適な買取価格をご提案いたします。大量仕入れ、大量販売が可能な大型店舗の強みを生かし、販売価格も低く設定できます。

豊富な在庫車両

リバティでは、幅広いニーズにお応えできるよう、多種多様な中古車を取り揃えています。お客様のご要望に合わせて、最適な1台をご提案させていただきます。また、定期的なメンテナンスにも力を入れており、安心して長く乗っていただけます。

また、リバティは、お客様の車の買い替えをサポートするためのさまざまな取り組みを行っています。高額な下取り価格、豊富な在庫、そして車検や保険などのアフターサービスなど、リバティならではの魅力が満載です。ぜひ一度、リバティにご相談ください。

まとめ

林の中で車の運転席のドアを開けて立つ女性
車の買い替えは走行距離だけでなくさまざまなタイミングがある

車の買い替え時期は、走行距離だけでなく、初年度登録からの年数、車検時期、ライフスタイルの変化、車種の特性など、さまざまな要素を総合的に判断する必要があります。
走行距離10万kmはあくまで目安のひとつです。電気自動車やハイブリッド車では、バッテリー劣化にも注意が必要になります。

買い替え時の下取り査定を有利に進めるには、日常のメンテナンスと複数業者への査定依頼が重要です。

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述